お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2021年1月3日

12542:一過性黒内障、 一過性視力低下、amaurosis fugaxとは

清澤のコメント:今までにも何回か取り上げた項目ですが、一時的に(片目の)視力が下がり、しばらくして戻るという現象で、神経眼科医にとっては大変危険な兆候です。原因疾患を多数列挙したウィキペディア記事がありましたので翻訳して短縮抄出します。実際には頸動脈アテローマからの塞栓と決めてかからぬことも大事かもしれません。不明な点は下記の原文に戻って見なおしてください。

https://en.wikipedia.org/wiki/Amaurosis_fugax

一過性黒内障は、片方または両方の目の痛みのない一時的な視力喪失です。

徴候と症状

一過性黒内障の経験は、古典的には片方または両方の目の一時的な視力喪失として説明され、「片方の目の視野に下がる黒いカーテン」として現れる。ただし、高度の視覚障害は比較的まれで24%程度。他の説明には、単眼失明、調光、曇り、またはぼやけが含まれる。 視力喪失通常は数秒しか続かぬが、数分または数時間続くこともある。持続時間は視力喪失の原因によって異なる。鬱血乳頭による視力障害は数秒しか続かないかもしれないが、重度のアテローム性動脈硬化症からの血栓は1分から10分の持続時間と関連しているかもしれない。

原因

1990年以前は、一過性黒内障は「臨床的には、塞栓症、低灌流、血管痙攣、未知の病因をそれぞれ持つ4つの識別可能な症状複合体に分けることができた。1990年、一過性黒内障研究グループは、考えられる原因に基づいて、塞栓、血行動態、眼球、神経特発性を挙げた。。特発性を除くこれらの原因の根底にある病理で、より頻繁な原因のいくつかには、内頸動脈または眼動脈のアテローム性動脈硬化症、血管痙攣、視神経症、巨細胞性動脈炎、閉塞隅角緑内障、頭蓋内圧の上昇、眼窩圧迫性疾患、盗難現象、および血液の高粘度または凝固亢進が含まれる。

塞栓性および血行力学的起源

塞栓性および血行力学的原因に関して、この一過性の単眼視覚喪失は、網膜動脈、眼動脈、または脈絡動脈の血流の一時的な減少により最終的に発生し、網膜循環の減少をもたらし、それが次に網膜低酸素症を引き起こす。 最も一般的には、一過性黒内障を引き起こす塞栓は、アテローム性動脈硬化症の頸動脈に由来すると説明される。

  • アテローム性動脈硬化症の頸動脈:一過性脳虚血発作(TIA)の一種として現れる可能性がある。
  • アテローム性動脈硬化症の眼動脈
  • 心臓塞栓症:心臓から生じる血栓性塞栓症はまた、網膜、眼科、および/または脈絡動脈の管腔閉塞を引き起こし、同側網膜への血流の減少を引き起こす可能性がある。
  • 血流の減少につながる一時的な血管痙攣は、一過性黒内障の原因となる可能性がある。
  • 巨細胞性動脈炎:巨細胞性動脈炎は、網膜中心動脈および眼の後毛様動脈内に肉芽腫性炎症を引き起こし、閉塞を引き起こし、一過性黒内障として現れる血流の減少をもたらす可能性がある。顎跛行と頭痛に関連している可能性がある。しかし、これらの患者が他の症状を示さないことも珍しくありません。 包括的なレビューでは、これらの患者の間では一過性黒内障の発生率が2〜19パーセントである。
  • 全身性エリテマトーデス
  • 結節性多発動脈炎
  • 好酸球性 血管炎
  • 高粘度症候群
    • 多血症
  • 凝固亢進
    • プロテインC欠乏症
    • 抗リン脂質抗体
      • 抗カルジオリピン抗体
      • ループス抗凝固因子
  • 血小板増加症
  • 鎖骨下動脈盗難症候群
  • 悪性高血圧の視神経乳頭虚血
  • 薬物乱用に関連する血管内塞栓
  • 医原性:頸動脈内膜剥離術、頸動脈造影、心臓カテーテル検査、および心臓バイパス術後の合併症として現れる可能性があります。

眼の起源

眼に関連する原因

  • ブドウ膜炎、角膜炎、眼瞼炎
  • 乳頭ドルセン
  • 後部硝子体剥離
  • 閉鎖隅角緑内障、眼圧の一時的な上昇
  • 眼内出血
  • コロボーマ他

神経学的起源

神経学的原因は次のとおり。

  • 視神経炎
  • 圧迫性視神経症
  • 鬱血乳頭:
  • 多発性硬化症
  • 片頭痛(アウラはしばしば一時的な暗点を伴う。
  • 特発性頭蓋内圧亢進症
  • 頭蓋内腫瘍
  • 心因性

診断

視力喪失の一時的な性質にもかかわらず、一過性黒内障を経験している人は、脳卒中を含む深刻な血管イベントを予告する可能性のある症状であるため、通常はすぐに医師に相談することを勧める。

診断評価は、患者の病歴から始まり、身体検査が続く必要があります。特に、眼虚血の兆候に関する眼科検査が重要視されます。一過性黒内障を調査する場合、可能であれば眼科の診察が絶対に必要。

臨床検査が異常である場合、全身性疾患プロセスが発生する可能性があり、眼科検査が異常である場合、眼疾患が発生する可能性がある。ただし、これらの調査ルートの両方で正常な所見または不十分な説明が得られた場合は、頸動脈疾患を特定するために非侵襲的超音波検査が推奨される。一過性黒内障のほとんどのエピソードは、同側の頸動脈の狭窄の結果である。さらに、「臨床的に無症候性の脳塞栓症」の存在を調査するために、付随する頭部CTまたはMRI画像法も推奨される。

超音波および頭蓋内イメージングの結果が正常である場合、「新たな診断努力が行われる可能性があります」。その間、フルオレセイン血管造影が適切な考慮事項である。

処理

診断の精密検査で全身性疾患のプロセスが明らかになった場合は、その根本的な原因を治療するための指示された治療を開始する必要がある。一過性黒内障がアテローム性動脈硬化症の病変によって引き起こされる場合は、アスピリンが適応となり、狭窄の場所と程度に基づいて頸動脈内膜剥離術が検討されます。一般に、頸動脈がまだ開存している場合、狭窄が大きいほど、動脈内膜切除術の適応が大きくなる。 完全な診断検査が完全に正常である場合は、患者の観察が推奨される。

Categorised in: 神経眼科