お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2019年8月27日

11022:眼瞼痙攣の視覚皮質:アクセプト!

こちらからダウンロードしてご覧ください。➡

https://doi.org/10.1016/j.nicl.2019.101995

清澤のコメント:医科歯科大学神経眼科班の研究部門を引き受けてくれている鈴木幸久先生からNeuroImage: Clinicalへの投稿論文アクセプトの朗報が伝えられました。大慶至極。オンライン公開まで2週間程度だそうです。(追記:9月2日既にアップされました。) NeuroImage:Clinicalは、臨床神経画像研究を網羅したオンライン専用のオープンアクセス科学ジャーナルです。 2012年に設立され、NeuroImageの姉妹誌としてElsevierによって出版されています。

  • Impact Factor: 3.943 ℹ
  • 5-Year Impact Factor: 4.833 ℹ

本態性眼瞼痙攣患者の疾患の重症度に比例する視覚皮質のグルコース代謝低下

鈴木幸久、清澤源弘、若倉雅登、石井賢二(所属略)、

ランニングタイトル:眼瞼痙攣の視覚皮質

この論文は、東京都老人総合研究所ポジトロン医療センターで生まれた。

キーワード:眼瞼痙攣;脳代謝;ジストニア;線条体外皮質;線条体(blepharospasm; brain metabolism; dystonia; extrastriate cortex; striate cortex)

アブストラクト:

本態性眼瞼痙攣(EB)は、眼輪筋の不随意運動によるまぶたの開きの難しさ、および持続性閉瞼の臨床症状による機能的視覚喪失を引き起こします。 18F-フルオロデオキシグルコースを用いた陽電子放射断層撮影法を使用して、EB患者39人(男性12人、女性27人、平均年齢52.1歳)の脳グルコース代謝を調べた。 57人の健康な被験者(17人の男性と40人の女性、平均年齢、55.1歳)をコントロールとして調べました。統計的パラメトリックマッピング(SPM)と関心領域(ROI)の両方を使用して、健康なコントロールと比較した患者のデータを分析しました。後部線条体皮質、前部線条体皮質、線条体外皮質、および両側視床の左右両側でROIを定義しました。 SPM分析では、EB患者で、線条体外の両側のグルコース代謝低下と両側視床のグルコース代謝亢進が観察されました。ジャンコビッチ評価尺度(JRS)の合計スコアとEB患者の線条体の相対的なグルコース代謝レベルの間に有意な負の相関関係が観察されました。 ROI分析では、後部線条体と線条体外の両側のグルコース代謝低下が検出されました。また、EBグループにおける後部(右:r = -0.53、P = 0.0006; 左:r = -0.59、P = 0.00007)および前部線条体(右:r = -0.37、P= 0.03; 左:r = -0.39、P = 0.02)。視覚皮質のグルコース代謝低下は、EB患者の視覚入力の中断によるものと推測されました。

Glucose hypometabolism in the visual cortex proportional to severity of disease in patients with essential blepharospasm

Yukihisa Suzuki, MD, PhD, Motohiro Kiyosawa, MD, PhD,

Masato Wakakura, MD, Ph, and Kenji Ishii,

Correspondence and reprint requests: Yukihisa Suzuki, MD, PhD

This work was originated in Positron Medical Center, Tokyo Metropolitan Institute of Gerontology.

Key Words: blepharospasm; brain metabolism; dystonia; extrastriate cortex; striate cortex

Abstract

Essential blepharospasm (EB) causes difficulty of eyelid opening by involuntary movements of orbicularis oculi muscle, and functional visual loss due to clinical symptoms of sustained closure eyelids. We examined cerebral glucose metabolism in 39 EB patients (12 men and 27 women; mean age, 52.1 years) using positron emission tomography with 18F-fluorodeoxyglucose. Fifty-seven healthy subjects (17 men and 40 women; mean age, 55.1 years) were examined as controls. We analyzed data of patients compared to healthy controls using both statistical parametric mapping (SPM) and regions of interest (ROIs). We defined ROIs on both left and right sides of the posterior striate cortex, anterior striate cortex, and extrastriate cortex, and the bilateral thalamus. In SPM analysis, glucose hypometabolism in both sides of the extrastriate cortex and glucose hypermetabolism in the bilateral thalamus was observed in patients with EB. We observed a significant negative correlation between Jankovic Rating Scale (JRS) sum score and relative glucose metabolism level in the striate cortex in EB patients. In ROI analysis, glucose hypometabolism in both sides of the posterior striate cortex and extrastriate cortex were detected. We also observed a significant correlation between JRS sum score and glucose metabolism level in posterior (right: r = -0.53, P = 0.0006; left: r = -0.59, P = 0.00007) and anterior (right: r = -0.37, P = 0.03; left: r = -0.39, P = 0.02) striate cortex in the EB group. We surmise that glucose hypometabolism in the visual cortex is due to interruption of visual input in EB patients.

Categorised in: 神経眼科