お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2019年6月9日

10800:脳における自殺の意味:記事紹介

Suicide on the Brain 2019年6月8日(土)15時30分

アダム・ピョーレ(ジャーナリスト)

清澤のコメント:脳科学に興味のある方には興味を惹かれる記事だと思います。短縮して採録します。自殺者に共通する主要な脳の異常は、うつ病で変化する偏桃体ではなく、前部帯状皮質と背外側前頭前皮質にあった。これらは、自らのストレスの度合いを主観的に判断するプロセスに関係する部位だったという。このため、自分が感じる鬱症状がはるかに深刻だったのだという。これは重要な知見であろう。 https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/06/post-12283_1.php

  ――抄出――

<自殺者の脳は何が違うか──その知識を生かせば悲劇を未然に防げる?>

自らの命を絶つ前の週、ジェレミー・リッチマン(49)はフロリダ州の大学で講演を行った。テーマは脳科学を活用すれば、自分や他人を傷つけるリスクがある人に気付き、支援の手を差し伸べられる可能性がある。リッチマンには自らの悲しい経験があった。学校に男が押し入り、26人を殺害した。殺害されたなかに、当時6歳の娘がいた。リッチマンと妻は事件後直ちに、財団を設立し、銃暴力を防ぐために脳科学の研究を支援し始めた。

鬱の有無より大きな要因

脳の健康に関する専門家だったリッチマンが自らも死を選んだことは残酷な皮肉というほかないが、自殺と脳の関係を研究する科学者にとっては意外ではないかもしれない。

自殺者の脳に共通する神経学的特徴

コロンビア大学の25年以上前の研究では、鬱病の病理を解明する目的で自殺者の脳を集めた。自殺者は鬱に悩まされていた可能性が高いと考えてのことだったが、以外なことに殺者の約半数は鬱病ではなかった。自殺者とそれ以外の死因で死亡した人たちを調べると、生前の鬱病の有無に関係なく、自殺者の脳にはしばしば共通する神経学的特徴が見られた。コロンビア大学のマン教授(精神医学)らによると、自殺者の90 %は、自殺した時点で何らかの精神疾患を発症していた。鬱病がある人は、脳で感情をつかさどる扁桃体が過度に活性化されていることが知られている。しかし、自殺者に共通する主要な脳の異常は、扁桃体ではなく、前部帯状皮質と背外側前頭前皮質だった。これらは、自らのストレスの度合いを主観的に判断するプロセスに関係する部位だ。

「客観的に見た症状の深刻さは同じでも、この人たちは主観的に感じる鬱症状が深刻だったのだろう。「主観的に感じているストレスは、自殺行動のリスクがない人より大きい。」自殺リスクの高い人たちは、意思決定が必要な課題を与えられたとき、リスクの高い選択をする。

自らのリスクに気付けない不幸な存在

自殺リスクが高い人は、否定的な情報を受け取ると過敏に反応する一方、肯定的な情報にはあまり反応しない。「この要因は全て自殺行動につながる」と、マンは説明する。

メリーランド大学のグールド准教授によれば、自殺の神経学的原因を研究している研究者は、問題を2つの段階に分けて考える。自殺しようと考える段階と、行動を実行に移す段階である。

人生は生きるに値しないという思いは鬱に伴うことが多い。だがこうした感情に従って行動するかは、衝動性や決断に関わる脳内の生物学的回路が左右する。自殺傾向があると「自殺したい思いがそのまま行動に結び付く。」「多くの場合、それは衝動的な行為だ」

単語6つで分かるリスク

攻撃性も要因の1つであるようだ。自殺は内に向けられた攻撃性だと捉えられている。鬱病患者の自殺率減少にはリチウム塩の投与が効果的だが、原因はリチウム塩が衝動性や攻撃性に関わる脳内回路に働き掛けるためで。麻酔薬ケタミンが自殺願望を急激に低下させる。米食品医薬品局(FDA)は今年3月、ケタミン処方治療薬の承認を発表した。

最善の対策が自殺リスクを確かめるスクリーニング検査だ。「人生は生きるに値すると思いますか」といった質問をするだけでも、判定に大きく役立つ場合がある。

神経科学分野でメロン大学の研究者は機械学習アルゴリズムを用いて、自殺傾向がある人とない人の脳スキャン画像を見分けることをコンピューターに学習させた。カーネギー・メロン大学認知脳画像センターのジャストは「自殺願望の場合特定の単語に対して同様の反応が起きる」機械学習アルゴリズムは6つの単語(「死」「残酷」「困難」「気楽」「よい」「称賛」)が引き起こす脳内パターンを見るだけで、自殺願望がある人を90%の確率で特定できると突き止めた。顕著だったのが、自殺願望がある場合、6つの単語が「自己言及」に関わる脳内領域をはるかに活性化させたことであった。

2019年6月11日号掲

Categorised in: 神経眼科