お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2018年10月31日

10231:認知症予防に歩行時間が寄与~日本人データ:記事紹介

認知症予防に歩行時間が大きく寄与~日本人1万4千人のデータ

清澤のコメント:如何にもありそうな結論です。目には関係しませんが老人性痴呆(認知症)は、我々眼科医にも興味のあるテーマです。著者の遠又靖丈氏は東北大学医学研究科の講師で、ネットで見ると最近多くの学会若手奨励賞を受けている人のようです。

提供元:ケアネット 公開日:2018/10/31

引用開始:『 歩行時間が認知症発症に与える影響について、東北大学の遠又 靖丈氏らが65歳以上の日本人コホートで検証した。その結果、全員が1日1時間以上歩けば認知症発症の18.1%の減少に寄与すると推定され、歩行時間が認知症発症予防に少なからぬ影響を与えることが示唆された。International Journal of Geriatric Psychiatry誌オンライン版2018年10月22日号に掲載。

 本研究ではまず、65歳以上の1万3,990人のデータを分析しハザード比を推定した。1日歩行時間(0.5時間未満、0.5~1時間、1時間以上)は自己申告のアンケートから評価した。また、公的介護保険データベースを検索し、5.7年間の認知症データを取得し、Coxモデルを用いて認知症の多変量調整ハザード比(HR)を推定。さらに、国民健康・栄養調査における有病率を用いて、人口寄与割合(population attributable fraction:PAF)を算出した。

 主な結果は以下のとおり。

・1日歩行時間は、認知症発症と逆相関を示した。

・多変量調整HR(95%信頼区間)は、0.5時間未満を1.00(基準)とすると、0.5~1時間で0.81(0.71~0.92)、1時間以上で0.72(0.62~0.84)であった。

・全員が1日1時間以上歩けば認知症発症の18.1%の減少に寄与し、現在の歩行時間を1つ上のレベルに増やせば(0.5時間未満から0.5~1時間、あるいは0.5~1時間から1時間以上)14.0%の減少に寄与すると推定された。

(ケアネット 金沢 浩子)

原著論文はこちら

Tomata Y, et al. Int J Geriatr Psychiatry. 2018 Oct 22. [Epub ahead of print]』引用ここまで

Categorised in: 神経眼科