お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2018年10月24日

10210:視神経脊髄炎( Neuromyelitis Optica)における治療の遅延は、結果悪化のリスクを高める

神経眼科医清澤のコメント:抗アクアポリン4抗体が発見される視神経炎では、血漿交換療法が国際的な標準治療として確立されつつあります。漫然とステロイドパルスを開始するのではなく、抗アクアポリン4抗体とMOG抗体も個別にルーチンに調べ、抗アクアポリン4抗体陽性であれば、血漿交換の対応を考えるのが必要になって来ているようです。(記事原文は最後の部分で両方に陰性が7.5%としていますが、おそらく両方に陽性の間違いではないかとおもいました。)この結果は、最近日本で行われた他施設調査の結果とも合致しているようです。

記事概要:神経炎における治療の遅延は、結果不良のリスクを高めるAlex Morrisson

ベルリン – 2018年10月15日 – 第34回欧州委員会会議で発表された遡及分析の結果.「視神経脊髄炎:neuromyelitis opticaスペクトル障害」の最初の発作を経験した患者における血漿交換の遅延は結果不良のリスクを高める.多発性硬化症における治療と研究(ECTRIMS)。

ステロイドによる治療とそれに続く血漿交換は、このような患者のケアの標準である。血漿交換の対象患者は、できるだけ早く治療を行うべきだとフランス・ルーアンにあるルーアン大学病院のマキシムギョーム(Maxime Guillaume)医師が10月11日のプレゼンテーションで、述べた。

Guillaume博士は、最初の発作の患者の転帰を予測するために実施された分析をしめした。ここでは連日の血漿交換が遅れていることを示しており、これと重症度スコアExtended Disability Status Scaleにおいて平均0.028ポイントの増加がともなっていた。

Guillaume博士らは、214件の発作を経験した188人の患者の中で最も一般的な治療がステロイドと血漿交換であることを見出した。そのデータは、症状が最初に観察されてから9日後の中央値で、発作の約73%がステロイドで治療され、患者の25%が血漿交換を受けたことを示していた。

「明らかなのは、発作が深刻になればなるほど、患者が治療を受ける可能性が高くなるということだ」とギローム博士は語った。

AQP4-IgG抗体陽性の患者は、抗ミエリン乏突起膠細胞糖タンパク質(MOG)陽性者よりも予後が悪かった。患者が抗MOG抗体陽性と診断された場合、拡大障害状態尺度スコアが上昇しない可能性が高い。 Guillaume博士によると、これらの症例では完全寛解と治療からの良好な反応が得られる可能性が高いと指摘した。

抗MOG抗体陽性と判定された患者は、視神経炎発作(抗体陽性と判定された65例の患者の52.3%)のみを有する傾向があった。抗MOG抗体陽性者の約26.2%が脊髄炎発作を呈し、6.2%が視神経炎と脊髄炎の両方を含む最初の発作を呈していた。

他方、Guillaume博士は、アクアポリン-4免疫グロブリンG抗体陽性である118人の患者が逆の経緯を経験したことをコメントした。その55.1%はまさに脊髄炎発作であった。 28%が視神経炎症状のみを呈していた。 5.1%は視神経炎と脊髄炎の両方を有していた。

研究対象患者の約69%が女性であった。発作を経験した患者の平均年齢は38.2歳であった。患者の7.5%のみがAQP4と抗MOGの二重陽性(?)であった。研究集団の別の7%が抗体状態を報告した10月 16, 2018

Bookmark

Delay of Treatment in Neuromyelitis Optica Increases Risk of Poor Outcomes

By Alex Morrisson

BERLIN — October 15, 2018 — Delay in undergoing plasma exchange in patients experiencing a first attack of neuromyelitis-optica spectrum disorders appears to be associated with increased disability, according to results of a retrospective analysis presented at the 34th Congress of the European Committee for Treatment and Research in Multiple Sclerosis (ECTRIMS).

Treatment with steroids followed by plasma exchange is the standard of care for such patients. Patients who are candidates for plasma exchange should undergo the procedure as soon as possible, stated lead author Maxime Guillaume, MD, Rouen University Hospital, Rouen, France, at a presentation here on October 11.

In an analysis undertaken to predict outcomes for patients with a first attack, Dr. Guillaume said that for every day plasma exchange is delayed, the patient risks an average increase of 0.028 points increase in the Extended Disability Status Scale, in which rising scores are associated with increased disability.

Dr. Guillaume and colleagues found that the most common treatment was steroids plus plasma exchange in a total of 188 patients who experienced 214 attacks. The data showed that about 73% of the attacks were treated with steroids, and 25% of patients underwent plasma exchange – a median 9 days after symptoms were first observed.

“What is clear is that the more severe the attack, the more likely it is that patients will receive treatment.” Dr. Guillaume said.

Patients who tested positive for AQP4-IgG antibodies had a worse prognosis than people who tested positive for anti-myelin oligodendrocyte glycoprotein (MOG). If the patients tested positive for anti-MOG antibodies, there was likely not to be in increase in the Expanded Disability Status Scale score; there was a greater probability of achieving a complete remission and a good response from treatment in these cases, Dr. Guillaume noted.

Patients who tested positive for anti-MOG antibodies were more likely to only have an optic neuritis attack (52.3% of the 65 patients who tested positive for the antibodies), for example. About 26.2% of those positive for anti-MOG antibodies had only a myelitis attack, and 6.2% had a first attack that included both optic neuritis and myelitis.

On the other hand, Dr. Guillaume commented that the 118 patients who were found to be positive for aquaporin-4 immunoglobulin G antibodies experienced a reverse scenario: 55.1% of them had just a myelitis attack; 28% had just an optic neuritis symptom; and 5.1% had both optic neuritis and myelitis.

Approximately 69% of the patients in the study were female, he reported. The average age of the patients experiencing the attacks was 38.2 years. Only 7.5% of the patients were double negative for AQP4 and anti-MOG(間違いか?). Another 7% of the study population reported antibody status “not dete

Categorised in: 神経眼科