お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2018年7月22日

10026:慢性疼痛の心身医学 女子医大精神科西村由貴教授::聴講記

10026:慢性疼痛の心身医学 女子医大教授 西村由貴

 

女子医大病院1400床の病院

コンサルテーションリエゾン入院患者の依頼では救急や移植などの症例が多く、眼科からの依頼は少ない。

精神科医にも痛みのコントロール技術が必要。

慢性疼痛を理由に精神科に通う人は少ない。その中での満足は20%程度。

うつ病の合併が多い、慢性疼痛は自殺にも繋がるケースがある。

 

精神科において心因性疼痛という言葉は使用を止めようとされてきた。1987

その定義が変遷していて、

1987:医学的に説明できない痛み

1994:DSM-Ⅳ 疼痛の重症化、悪化または持続に重要な役割をもつ。

DSM-Ⅴ 2013:身体症状またはそれに伴う健康への懸念に関連した過度な思考・感情または行動を身体症状症とした。


A)1つ以上の苦痛。

B)過度な思考【不安、過度の時間と努力】

 

抗鬱薬は痛みに効くのか?

サインバルタや3環系抗鬱薬を使う

SSRIは効かずSNRIが効く。

線維筋痛症を精神性疼痛に含める

線維筋痛症の原因に心因は多い。
抗鬱薬のデユロキセチン(SNRI)が効く

セロトニンとノルアドレナリンにうつ病は関連しているから。

うつ病の薬剤プロフィールの内、SNRIが良い。

痛みの抑制線維がノルアドレナリンとセロトニンだから。

 

他の抗鬱薬は効くのに2週間かかるが、SNRIは効くのが早い。

短期的行動療法、認知行動療法も有効

メタ解析が行われた。

f-MRIでも前頭前野の活性(恐怖のサーキット:前頭前野とタラムス)

此の活性を抑えるのには3環系とSNRIによる下降性疼痛抑制系の強化が行われる。

痛みのコントロールには、薬物療法と認知行動療法とがある。

 

清澤注)SNRI:セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬Serotonin & Norepinephrine Reuptake Inhibitors; SNR)は、抗うつ薬の種類である。シナプスにおけるセロトニンとノルアドレナリンの再吸収を阻害することで、これらの神経伝達物質の濃度を増加させる。選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)がセロトニンのみの再吸収を阻害するのに対して、SNRIではさらにノルアドレナリンの再吸収を阻害することによって、興奮神経を刺激する。日本で販売されるミルナシプラン、デュロキセチン、ベンラファキシンの、精神障害での適応はうつ病である。

文献:Yuki Nishimura. The Antinociceptive Effect of Mirtazapine for Chronic Pain : Case Report. Japanese Journal of Psychosomatic Medicine. 2013, Vol.53, No.7, p.682.

Categorised in: 神経眼科