お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2017年12月29日

9472:「見慣れている」「目新しい」同じ神経が支配;記事紹介

順天堂大、「見慣れている」「目新しい」同じ神経が支配 
(2017/8/18 05:00)
img1_file599581201e719

    順天堂大学大学院医学研究科の宮下保司特任教授らは、なにか物を見たときの「なじみ深い」か「目新しい」かという相反する判断を、同じ神経が支配していることを発見した。神経が出力する信号の大きさによって決定されていることを、ニホンザルの実験で実証した。記憶障害など、高次脳機能障害の診断や治療への応用が期待される。成果は18日、米科学誌「サイエンス」で発表される。

    研究チームは、脳の側頭葉にある「嗅周野」という視覚情報を処理する領域で、信号の出力を担う神経に着目。ウイルスを使った遺伝子導入操作で、光の刺激を与えると信号出力が増加するよう神経細胞を設計した。光刺激で神経細胞の活動を増加させると、見たことがない物を見ても「見慣れている」と判断した。

    一方、神経細胞の信号出力を抑制する別の細胞も合わせて刺激すると、「見慣れない」という回答が増えた。神経細胞の出力量が一定の値を超えるかどうかで、物に対する印象が決定することが明らかになった。

    宮下特任教授は「機能的磁気共鳴断層撮影装置(fMRI)などで患者さんの神経活動を観察できれば、記憶障害といった高次脳機能障害の診断に役立つかもしれない」と期待している。

    (2017/8/18 05:00)

    清澤のコメント:この時期に同研究室から2つの論文がサイエンスに掲載されていましたMiyamoto, K., Osada, T., Setsuie, R., Takeda, M., Tamura, K., Adachi, Y., and Miyashita, Y. :
    Causal neural network of metamemory for retrospection in primates. Science 355, 188-193, 2017がそれかと思われます。

    教授のホームページを見ましたら
    イメージを創る力(宮下保司 上原賞受賞講演より)
    http://www.physiol.m.u-tokyo.ac.jp/review/review_02.html
    という記事がありました。cognitive neuroscienceという領域の話のようです。視覚的な記憶の機序を分析するといったお話で、昔読んだKozzlin教授の教科書に有ったお話の領域の続きか?と思いました。
     

    Categorised in: 神経眼科