お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2017年7月6日

9000:外傷性視神経症(視神経管骨折,視神経損傷)

外傷性視神経症 再訪
こめかみあたりを打撲し、視力が下がったとか視力がなくなったとかというもので、視神経障害があるもを、外傷性視神経症と呼びます。
最近の症例では、発症1か月で患眼の視力は無光覚。眼底写真の視神経乳頭は蒼白化してはいないのに、OCTで見るとすでに網膜の神経節細胞層がはっきりと脱落している症例を見ました。
この変化はおそらく回復がむつかしいのであろうと判断しました。外傷性視神経症についての過去記事は以下にあります。

リンクがうまくできてなくてすみません。

 

1)194 外傷性視神経症(視神経管骨折、視神経損傷)の治療
https://www.kiyosawa.or.jp/archives/50654914.html

2)4879 視神経症とは その診断と治療

https://www.kiyosawa.or.jp/archives/54051464.html

Categorised in: 神経眼科