お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2021年3月11日

12689:抗Tg抗体、抗サイログロブリン抗体とは

清澤のコメント:最近当医院の血液検査を担当してくださる検査会社が後退しました。或る患者さんのレポートに見慣れない「抗Tg抗体」という項目があってそれだけが高値でした。そうでした抗サイログロブリン抗体のことでした。

高値■慢性甲状腺炎(橋本病) ■バセドウ病 ■原発性甲状腺機能低下症
低値
解説抗サイログロブリン抗体(TgAb)は、甲状腺細胞が産生するサイログロブリン(Tg)に対する自己抗体である。抗サイログロブリン抗体は免疫グロブリンクラスのIgG抗体が主であるが,IgA,IgM抗体も認められる。
半定量法に比べて感度の高い測定法で行われるTgAbは、バセドウ病や橋本病(慢性甲状腺炎)などの自己免疫性甲状腺疾患において、自己免疫の存在や程度を知る目的で実施され、各疾患において高い陽性率が得られている。甲状腺疾患では各種の甲状腺特有抗原と反応する臓器特異性の自己抗体が検出され,本抗体は甲状腺濾胞内コロイド成分であるサイログロブリンと反応する自己抗体である。意義としては,とくに橋本病患者の陽性率は高く,抗体価は広く分布し,バセドウ病でも陽性を示すが,抗体価は橋本病よりも低いものが多い。抗サイログロブリン抗体は、抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体とは異なり、甲状腺細胞傷害性は認められず、甲状腺組織破壊にはほとんど関与しない。

Categorised in: 全身病と眼