お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2021年1月3日

12540:タマゴを毎日3個食べると体に起こる変化が凄い! コレステロール値、動脈硬化、鬱、すべてが改善(武田邦彦動画です)

2019/01/07

清澤のコメント:鶏卵は長い間物価の優等生と呼ばれることもありました。その後、ある時から高コレステロール症の原因になるなどと言われ、栄養学や医学では阻害されるようになりました。鶏卵問屋の子供に生まれ育ち、毎日一個以上の卵を与えられて育ったものとしては違和感も感じたものでした。卵の値段には12月末に高く、年を越すと不連続的に安くなるという毎年のアノマリーがありました。生産者にとっては、このような値段の上下が養鶏場経営を脅かすものであり、それを安定させる政策をとってほしいという考えが、農水大臣に対する献金へと繋がってしまったものと思われます。その資金が何処からから拠出されたものであったか?恐らく秋田フーズ社単体からではなかったのではなかろうかと思われます。少し前の武田邦彦氏の動画ですが、武田邦彦 :テレビじゃ言えないホントの話!

「卵3つを食べていたグループは善玉コレステロール(HDL)が上昇し、悪玉コレステロール(LDL)が減少した。さらに動脈硬化性疾患リスクに関係する「LH比」も大きく改善し、インスリンの改善指標の「HOMR-IR」も下がった。

追記: 脂質であるコレステロールはそのままでは血液に溶けないため、特殊な蛋白質がくっついた「リポ蛋白」という形で体内を巡っています。
 このリポ蛋白にはいくつかの種類がありますが、そのうちHDL-コレステロールは、血液中の余分なコレステロールを肝臓に運ぶ役割をしています。いわば血液中のコレステロールが増えるのを防いでいるわけで、「善玉コレステロール」と呼ばれています。
 一方、コレステロールを細胞に届けているのがLDL-コレステロールです。細胞に必要以上にコレステロールが増えてしまうと、血管を硬化させ動脈硬化を促進します。このため「善玉」に対しLDLは「悪玉コレステロール」と呼ばれています。

HDLコレステロールの基準値は男性の場合、1デシリットルの血液のなかに40ミリグラム~86ミリグラム。女性の場合、40ミリグラム~96ミリグラム。「悪玉」であるLDLは70~139ミリグラムが基準となっています。

Categorised in: 全身病と眼