お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年9月2日

12229:潰瘍性大腸炎を含む炎症性腸疾患の眼症状とは?論文紹介

眼科医清澤のコメント:安倍晋三首相が潰瘍性大腸炎の再発を理由に首相の席からの退陣を表明しました。長期間本当にご苦労様でした。潰瘍性大腸炎とクローン病は炎症性腸疾患と総称されます。大学勤務時代にはしばしばその疾患を持つ患者が眼科にも紹介されて、診ていた覚えが有ります。そこで果たしてどのような眼疾患がどのような頻度で合併しやすいのかを文献検索してみました。最新の研究の出典はIntest Res. 2017; 15:380–387。2017年6月12日オンライン公開の「炎症性腸疾患患者の眼症状」。虹彩炎や上強膜炎など一次性眼炎症は、8.2%の患者にみられ、偶発的合併症ではドライアイ症候群が優位に多かったそうです。抄録とそれまでの研究の歴史が判る前文を抄訳して見ます。この研究は済州島で行われた東洋人対象の調査であり、日本人でも似た結果が予想されそうです。図;http://www.painsinthebutt.com/2011/10/eye-problems-associated-with-crohns-and.html

Ophthalmologic manifestations in patients with inflammatory bowel disease

Hye Jin Lee ほか,

抄録:
背景/目的
クローン病(CD)や潰瘍性大腸炎(UC)などの炎症性腸疾患(IBD)には、さまざまな眼科症状が報告されています。この研究の目的は、韓国のIBDに関連する眼科症状の有病率を評価することでした。

方法
2013年5月から2014年10月までに61人の患者が検査されました。その完全な眼科検査を実施しました。

結果
調査結果には、CD(クローン病)患者36人とUC(潰瘍性大腸炎)患者25人が含まれていました。患者の平均年齢は34±16歳であり、疾患期間は45.3±23.9ヶ月でした。眼科症状は44例で陽性でした。一次性合併症は以下のように5例で診断されました。虹彩炎2例、上強膜炎1例、視神経炎を伴う虹彩炎1例、漿液性網膜剥離1例、二次合併症なし。最も一般的な偶発的な合併症は、35人の患者(57.4%)のドライアイ症候群(DES)でした。対照群におけるDESの有病率は21.3%でした。 IBD患者のDESの割合は、対照群よりも有意に高かったです(P = 0.002)。

結論
眼科症状はIBD(炎症性腸疾患)患者で高かった(72.1%)。臨床的に重要な一次性眼炎症は、8.2%の患者で発生していました。最も一般的な合併症はDESドライアイ症候群でした。 IBD(炎症性腸疾患)患者では、対照群と比較してDES(ドライアイ症候群)の発生率が高かった。目の評価は、IBD(炎症性腸疾患)患者の日常的な要素である必要があります。

前書き
炎症性腸疾患(IBD)は原因不明の慢性疾患です。IBDの有病率は北米と北ヨーロッパで高くなっていますが、都市化に関連するアジアではIBDの発生率と有病率が急速に増加しています。 腸外症状は皮膚、関節、肝臓、目で発生する可能性があります

眼科合併症は3.5%から43%の発生率で報告されています。 CDの合併症は頻繁に発生します。眼科合併症には、一次性合併症と二次性合併症と併発症があります。一次性合併症は疾患活動性に関連しており、状態はステロイド療法または外科的治療後に改善されます。二次性合併症は、強膜炎後のステロイド誘発性白内障または強膜軟化症などの一次性合併症の結果として発生しました。偶発的合併症には、定期的な目の検査で見つかった結膜炎またはドライアイ症候群(DES)が含まれますが、患者には眼科症状の既往はありません。現在認識されている眼科合併症には、上強膜炎、強膜炎、白内障、続発性緑内障、ブドウ膜炎、視神経炎があります。

Taylor らは、最も一般的な合併症は上強膜炎、強膜炎、ブドウ膜炎であると報告しています。上強膜炎は症例の29%で発生し、疾患活動の指標です。強膜炎は18%の症例に発生し、ブドウ膜炎は17%の症例に発生します。別の研究によると、上強膜炎は7.7%、ブドウ膜炎は11.5%、網膜色素上皮剥離は11.5%の症例、視神経炎は3.8%の症例で発生しています。症例の30.7%は白内障、症例の3.8%は結膜炎です。

しかし、上記の報告は西側諸国での研究の結果であり、私たちの知る限りでは、この研究は韓国人患者を対象としたこの種の最初の研究です。したがって、この研究の目的は、韓国の済州島でCDおよびUCの患者の眼科症状を調査し、定期的な目の検査の必要性を判断することでした。これは、単一機関の前向き断面研究です。

◎この論文に基づくこのブログへの詳細な投稿記事です:日刊ゲンダイネットへの下記記事の公表を待ち9月9日に遅れてアップします。

12241:潰瘍性大腸炎になると目にはどんな症状が出るのですか?日刊ゲンダイ自著記事紹介

Categorised in: 全身病と眼