お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年8月25日

12206:コロナ自粛で静かに広がる「生活不活発病」…足腰弱り通院を中断する高齢者も: 日刊ゲンダイ記事紹介

眼科医清澤のコメント:コロナ自粛で静かに広がる「生活不活発病」…足腰弱り通院を中断する高齢者も 8/22(土)の 15:11に配信されていました。蘆野さんの記事にも関連しています。かろうじて私の記事が先行でした。 

日刊ゲンダイDIGITAL

緑内障は継続治療が大切

【みんなの眼科教室 教えて清澤先生】

【Q】緑内障で通院していましたが、コロナ外出自粛の間に足腰が弱って通いきれなくなりました。良い方法はないでしょうか?

【A】新型コロナ感染拡大防止のため、当院でも3月頃から受診控えが目立つようになりました。4月上旬の緊急事態宣言で医療機関への受診は外出自粛の対象ではありませんでしたが、受診控えは加速しました。高齢者や慢性疾患の方々はコロナ罹患はハイリスクということもあり、受診のための移動に感染リスクを感じられる方も多かったようです。  

しかし一方で、緑内障のような慢性疾患は点眼を中断することで進行してしまうリスクも高く、当医院でも医師が電話で病状を聞いて処方箋を送る「電話診療」対応をおこないました。宣言解除後、来院を再開される方々が増えてきましたが、ご質問者のように、高齢で身体と認知機能の衰えが顕著な患者さんが目立つようになりました。外出自粛中、ほとんど家に籠られていた結果、2~3カ月ぶりの受診で足腰が弱り、待合室から検査や診察室への移動もままならない方もおられます。視力や眼圧測定はなんとか可能ですが、緑内障診療に必要な視野測定は体勢の維持と集中力を要するため検査を受ける余力はなく、薬の処方だけを求めるといった患者さんが日に数人みられます。これは「生活不活発病」といって、運動不足が続いたことにより心身の機能が低下して動けなくなる状態です。

 従来の生活不活発病は災害時の避難所生活などで多発していましたが、新型コロナ感染拡大の影響で外出自粛が続いた今般も、運動不足による体力低下、そして認知機能低下から認知症の発症・進行に注意する必要があるわけです。 

 外出自粛による生活不活発病のリスクについては宣言前の3月頃から理学療法士協会からリーフレットが出されるなど、その予防啓発活動も見られていましたが、コロナ自体の報道に紛れてなかなか世間に届いていない状況であったのは残念なことです。

 ご質問の緑内障などの眼科慢性疾患についても点眼継続は必須のことながら、その効果を見極めて常に適切な治療に繋げていくためには、視力、眼圧、視野測定、光干渉断層計といった検査を受けていただくことが大変重要です。いつの間にか眼圧が上がり、視野障害が進行してしまう可能性もあります。視覚障害が進めば、やはり歩きづらくなり、見えることで得られていた周囲の情報も入りづらくなりますので、認知症の発症、進行のリスクも高まります。多少の無理を押しても生活不活発病の予防も兼ねて通院をお続けいただきたいところです。  

 家族に連れてきていただくことも難しいようであれば、より近くの診療所への紹介状作成も可能ですから担当医にご相談ください。また、眼科領域では少数ですが、往診・訪問診療に取組むクリニックもあるようです。ネット等で探してその利用をご検討いただくことも一案かと思います。

(清澤源弘/清澤眼科医院院長)

日刊ゲンダイデジタルのリンク:https://hc.nikkan-gendai.com/articles/275281

ヤフーニュースのリンク:https://news.yahoo.co.jp/articles/bcff5c155e90271fe73b75145667cfec11f6d999

Categorised in: 全身病と眼