お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年8月4日

12152:犬2匹がコロナ検査で陽性

清澤もコメント:「犬2匹がコロナ検査で陽性…ペットで国内初、感染した飼い主から預かる」と言う事だそうで、犬もコロナウイルス感染を起こすのですね。このブログの本文末尾にCDCの「COVID-19と動物」という記事を採録します。身近な動物での最初の感染例はニューヨーク動物園のトラだったそうです。猫、犬、フェレットの他霊長類もこのウイルスに感染します。

ーーーーーー

◎記事:2020/08/03 20:58

 ペット保険大手「アニコムホールディングス」(東京都)は3日、新型コロナウイルスに感染した飼い主から預かった犬2匹がPCR検査で陽性だったと発表した。厚生労働省によると、国内でペットの陽性が確認されるのは初めてという。

 同社は、感染者のペットを預かる事業を手がけている。7月下旬に2世帯から犬1匹ずつを預かり、PCR検査を複数回実施したところ陽性反応が出た。

 他のペットと隔離して預かっており、1匹は既に陰性となった。世話を担当する職員らもPCR検査を受けたが陰性で、体調不良もないという。同社は4月以降、犬や猫など計42匹を預かっており、全てに対しPCR検査を行っている。

英語記事を検索しますとCDCからの解説文がありました:

COVID-19と動物 2020年6月22日更新のhttps://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/daily-life-coping/animals.htmlその記事です
知っておくべきこと
2019年のコロナウイルス病(COVID-19)の現在の発生の正確な原因はわかりませんが、もともとは動物、おそらくはコウモリに由来するものであることはわかっています。
現時点では、COVID-19を引き起こすウイルスの拡散に動物が重要な役割を果たすという証拠はありません。
現在までに入手できる情報が限られているため、COVID-19が人に拡散するリスクは低いと考えられています。
さまざまな動物がCOVID-19の影響を受けるかどうか、またどのように影響を受けるかを理解するには、さらに研究が必要です。
このウイルスについてはまだ学習中ですが、状況によっては人から動物へと広がる可能性があるようです。

本文は次のように述べていました:

コロナウイルスはウイルスの大きなファミリーです。コロナウイルスには、人に風邪のような病気を引き起こすものもあれば、牛、ラクダ、コウモリなどの特定の種類の動物に病気を引き起こすものもあります。イヌやネコのコロナウイルスなどの一部のコロナウイルスは、動物にのみ感染し、ヒトには感染しません。

COVID-19の原因となるウイルスが動物に拡散するリスク
動物に感染するコロナウイルスの中には、人に感染してから人に感染するものもありますが、これはまれです。これは、ウイルスで発生したCOVID-19の発生を引き起こしたもので、コウモリを起源とする可能性があります。最初に報告された感染は生きている動物市場に関連していたが、ウイルスは今や人から人へと広がっています。

COVID-19を引き起こすウイルスは、主に咳、くしゃみ、および会話からの呼吸飛沫を通して人から人へと広がります。最近の研究では、感染しているが症状がない人もCOVID-19の蔓延に関与している可能性が高いことが示されています。現時点では、COVID-19を引き起こすウイルスの拡散に動物が重要な役割を果たすという証拠はありません。現在までに入手できる情報が限られているため、COVID-19が人に拡散するリスクは低いと考えられています。さまざまな動物がCOVID-19の影響を受けるかどうか、またどのように影響を受けるかを理解するには、さらに研究が必要です。

COVID-19の原因となるウイルスが人に拡散するリスク
COVID-19が陽性であった動物の最初の米国での症例は、NY動物園のトラでした。

このウイルスについてはまだ研究中ですが、状況によっては、特にCOVID-19に罹患している人と密接に接触した後に、人から動物へと広がる可能性があるようです。ーー

COVID-19を引き起こすウイルスに感染する可能性のある動物
猫、犬、その他のいくつかの種類の動物が、COVID-19を引き起こすウイルスであるSARS-CoV-2に感染する可能性があることはわかっていますが、感染する可能性のあるすべての動物についてはまだわかっていません。世界中で動物がウイルスに感染しているという報告があります。

米国を含むいくつかの国で、少数のペットの猫と犬がウイルスに感染していると報告されています。これらのペットのほとんどは、COVID-19を持つ人々との接触後に病気になりました
ニューヨークの動物園で数頭のライオンとトラの雌性のアイコンが呼吸器疾患の兆候を示した後、SARS-CoV-2の検査で陽性でした。公衆衛生当局は、SARS-CoV-2に感染した動物園の従業員にさらされた後、これらの大きな猫(トラ)が病気になったと信じています。これらの大きな猫はすべて完全に回復しました。
SARS-CoV-2は最近、オランダの複数の農場のミンク(フェレットに密接に関連している)で発見されました。ミンクは呼吸器および胃腸の徴候を示しました。農場でもミンクの死亡が増加しました。これらの農場の一部の労働者はCOVID-19の症状があったため、感染した農場労働者がミンク感染の原因であった可能性があります。いくつかのミンク農場の何匹かの猫もこのウイルスに対する抗体を発現しました、彼らはある時点でウイルスにさらされていたことを示唆しています。オランダの当局者は、これらのミンク農場の環境と同様に、人と動物の健康の間の関係を調査しています。
CDC、USDA、および州の公衆衛生および動物の保健当局はいくつかの州で、COVID-19の人と接触した猫、犬、その他の小型哺乳類を含むペットのSARS-CoV-2の積極的な監視を実施するために取り組んでいます。これらの動物はSARS-CoV-2感染についてテストされており、ペットがこのウイルスに対する抗体を発現しているかどうかを確認するためのテストも行われています。この作業は、ペットで一般的なSARS-CoV-2感染がどのように発生するか、およびこのウイルスの蔓延におけるペットの役割の可能性を理解するために行われています。

米国農務省(USDA)は、米国でSARS-CoV-2による感染が確認されたすべての動物のリストを保持しています。

動物とCOVID-19に関する研究
動物におけるSARS-Cov-2の研究は限られていますが、このウイルスがさまざまな動物にどのように影響するかについて詳しく調べるための研究が進行中です。

最近の研究では、フェレット、猫、ゴールデンシリアンハムスターが実験的にウイルスに感染し、実験室で同じ種の他の動物に感染を拡大させる可能性があることが示されています。
多くの研究が、ヒト以外の霊長類をヒト感染のモデルとして調査してきました。アカゲザル、カニクイザル、グリベット、および一般的なマーモセットは、感染したSARS-CoV-2になり、実験室で病気になることがあります。
マウス、ブタ、ニワトリ、およびアヒルは、これらの研究の結果に基づいて、感染したり、感染を拡大したりすることはないようです。
ある研究のデータは、一部の犬は感染する可能性があるが、同じ種の他の動物にウイルスを簡単に広げることができる猫やフェレットに比べて簡単にウイルスを他の犬に広げない可能性があることを示唆しています
これらの調査結果は、少数の動物に基づいており、動物が感染を人に広めることができるかどうかは示していません。さまざまな動物がCOVID-19の影響を受けるかどうか、またどのように影響を受けるかを理解するには、さらに研究が必要です。

Categorised in: 全身病と眼