お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年7月31日

12137:米ジョンソン&ジョンソン、コロナワクチン初期治験開始 動物実験で免疫効果確認

清澤のコメント:これが真実であれば相当に喜ばしいニュースということになります。

自然

公開: 

これは出版のために受け入れられた未編集の原稿です。Nature Researchは、この初期バージョンの原稿を、著者および読者へのサービスとして提供しています。原稿は、最終的な形式で公開される前に、コピー編集、植字、および校正レビューを受けます。制作プロセス中に、コンテンツに影響を与える可能性のあるエラーが発見される可能性があり、すべての法的免責事項が適用されることに注意してください。

シングルショットAd26ワクチンはアカゲザルのSARS-CoV-2を防御します

Nature ( 2020)この記事を引用する

概要

重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)に対する安全で効果的なワクチンは、コロナウイルス疾患2019(COVID-19)の流行を終わらせるために必要になる場合があります1–8。グローバルな展開とパンデミック対策のためには、1回の予防接種のみを必要とするワクチンが最適です。ここでは、ヒト以外の霊長類でSARS-CoV-2スパイク(S)タンパク質を発現するアデノウイルス血清型26(Ad26)ベクターベースのワクチンの単回投与の免疫原性と保護効果を示します。 52アカゲザルはSバリアントまたは偽のコントロールをエンコードするAd26ベクトルで免疫され、鼻腔内および気管内経路によってSARS-CoV-2で攻撃されました9,10。最適なAd26ワクチンは、強力な中和抗体反応を誘発し、SARS-CoV-2チャレンジ後の気管支肺胞洗浄および鼻腔スワブで完全またはほぼ完全な保護を提供しました。ワクチン誘発性中和抗体力価は防御効果と相関しており、防御の免疫相関を示唆しています。これらのデータは、ヒト以外の霊長類におけるSARS-CoV-2に対する強力な単発ワクチン防御を示しています。Ad26.COV2.Sと呼ばれるSARS-CoV-2に最適なAd26ベクターベースのワクチンは、現在臨床試験で評価されています。

--------

2020年7月31日(金)11時32分

米医薬品・日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は30日、開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、米国とベルギーで初期の臨床試験(治験)を開始したと発表した。ニューヨークで昨年9月撮影(2020年 ロイター/Brendan McDermid)

米医薬品・日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は30日、開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、米国とベルギーで初期の臨床試験(治験)を開始したと発表した。サルを使った実験で免疫効果が1回の接種で確認されたという。

J&Jが開発しているワクチンは、アデノウイルス26型(Ad26)をベクター(遺伝子の運び手)として利用するもの。英科学誌ネイチャーに掲載された論文によると、同ワクチンを接種したサル6匹全てが新型ウイルスに全く感染しなかった。

J&Jのチーフサイエンティフィックオフィサー、ポール・ストフェルス博士はロイターの電話インタビューに対し「この結果を受け、1回の接種で効果があるか治験を開始する自信が持てた」と述べた。広告

治験は1000人を超える18─55歳の健康な成人を対象に実施。65歳以上の成人に対する治験も実施する。第1相の治験では1回の接種と2回の接種の効果の違いについても確かめる。

J&Jは米政府のワクチン開発や供給を支援する「ワープ・スピード作戦」の下で4億5600万ドルの支援を受けている。ホワイトハウスの新型コロナ対策顧問を務めるデボラ・バークス氏は、FOXニュースのインタビューに対し「J&Jのワクチンは1回の接種で済むため、期待が持てる」と述べた。

[ロイター]

Categorised in: 全身病と眼