お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年4月28日

11831:一部の子どもに珍しい症候群 英当局、新型ウイルスとの関連を調査

清澤のコメント;イギリスでコロナ感染症に関連した重症の炎症様の症状が話題になっている模様。 インフルエンザのような症状とあわせて、「多臓器の炎症」も含まれる。中には新型コロナウイルス検査で陽性と判定される子どももいるとのことです。その位置づけは今後明らかになる事でしょう。記事の中に、目に関する記載は見られません。

ーーー記事抜粋ーーー

  • 2020年04月28日

ミシェル・ロバーツ健康担当編集長、BBCニュースオンライン

Coronavirus

珍しいが危険な症候群が一部の子どもに見られており、新型コロナウイルスの感染との関連が疑われると、英国民保健サービス(NHS)イングランドは27日、注意喚起の緊急通知を各地の医師に発した。

NHSイングランドが総合診療医に送付した緊急通知によると、ロンドンのほか国内各地の集中治療部門で、重症の子どもたちに見慣れない症状が出ている。

この症状には、インフルエンザのような症状とあわせて、「多臓器の炎症」も含まれる。全員ではないが、新型コロナウイルス検査で陽性と判定される子どももいる。珍しい症状が出た子どもの人数は明らかになっていないが、少数にとどまるとみられている。

NHSイングランドの医療部門トップを務めるスティーヴン・ポウィス氏は、珍しく重症な症状が子どもに出ているとの報告を受けていたと述べた。「報告が届くようになったのは、ほんの数日前からだ。緊急に調査するよう私たちの専門家に指示した」

一部で深刻な症状

通知では、新型コロナウイルスに関係した炎症性症候群がイギリスの子どもに出ているか、あるいは特定されていない別の感染症が出現している可能性があるとしている。

さまざまな年齢の小児患者はいずれも重篤で、高熱や血圧の低下、発疹、呼吸困難など、毒素性ショック症候群に似た反応がみられたという。

このほか、腹痛や嘔吐(おうと)、下痢など胃腸に症状が出た患者や、心臓の炎症、血液検査で異常数値が確認された患者もいた。

こうした症状は、患者の体が感染症と戦う中で対応しきれなくなった時のものだと、複数の専門家は指摘する。

こうした症状が出た場合は緊急処置が必要だと、NHSの通知は指示している。

症例はわずか

ただし専門家は、新型コロナウイルスで重症化する子どもはごくわずかだと強調している。子どもは今回の感染症の影響を最も受けにくい年齢層だと、世界中のデータが示している。スペインやイタリアの同僚からも同様の症例が報告されている。

「子どもの一部には敗血性ショックのタイプの症状や発疹が出ている。毒素性ショック症候群や(血管や心臓に影響を及ぼす)川崎病で見られるような症状だ」

「全体的に子どもは、新型コロナウイルスで起きる深刻な肺の感染症からも回復しやすい。集中治療室に入る人数も比較的少ない」

NHSイングランドは、臨床医が関連に気づいた症例の数は20未満だとしている。調査は続けるが、これまでのところ関連は確立されていないと広報担当者は述べた。

王立小児科小児保健学会(RCPCH)は、親は安心していいとしている。それでも子どもの健康が不安な場合は、医療の専門家に相談するよう助言している。

NHS小児科部門の責任者、サイモン・ケニー教授は、「親へのアドバイスは同じだ。子どもについて心配になったら、NHS111(医療電話相談)かかかりつけ医に取りあえず助言を求めてほしい。緊急時には999(日本の119番に相当)に電話し、専門家に病院に行くよう言われたら、病院に行ってください」

どんな時に助けが必要?

子どもも新型コロナウイルスに感染するが、重症化することはまれだ。あなたの子どもの体調が良くない場合、原因は新型コロナウイルスではなく、その他の病気の可能性が高い。

RCPCHは、以下の症状が見られるときは緊急の助けを呼ぶよう勧めている。

  • 肌が青ざめ、色がまだらになる。体に触れると異常なほど冷たく感じる
  • 呼吸が一時中断したり(無呼吸)、不規則になったりする。呼吸時にのどや鼻を鳴らし始める
  • 重度の呼吸困難から激しく動揺する、もしくは無反応になる
  • 口元が青くなる
  • ひきつけやけいれんを起こす
  • 激しく動揺する(気をそらそうとしても激しく泣き続ける)、混乱している、無気力になる(目覚めるのが難しい)、反応がほとんどない
  • 発疹が出て、ガラスで圧迫するいわゆる「ガラス圧法」でも、消えない
  • 特に10代男子が睾丸に痛みを感じる

Categorised in: 全身病と眼