お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年4月7日

11729:ピータース奇形の質問

眼科医清澤のコメント;ピータース奇形についての質問をいただきました。その質問への回答と以前の記事を添付します。ご質問いただきありがとうございました。

miniiさんからの質問

先日娘を出産しまして、生後11日目にピータース奇形と診断され目が見えなくなると言われ治療法が何も無い経過観察と言われただけでなにか少しでも良くなる治療はないでしょうか?また、このピータース奇形の第一人者の先生をご紹介していただけないでしょうか?よろしくお願い申し上げます。

清澤眼科医院の見解

miniiさん 角膜と虹彩の分離が不十分で、角膜の直径が小さい、虹彩の一部が角膜裏面に接している、先天性緑内障を示すなどの症状を示す疾患です。眼球が正常に形成されていないという先天的な奇形ですが、その症状は重いものから軽いものまで様々。根本的に治すことは無理なので、対症的な治療が行われます。県単位のこども病院や各大学病院などが診療をしてくれるでしょう。このページは一般公開なので、対応してくれそうな病院を公開することはしません。急ぐ疾患ではありませんが、受診いただければ、診察したうえで専門家への紹介は
を考えます。この病態を含むような様々な病名が使われます。前眼部形成異常(指定難病328)https://www.nanbyou.or.jp/entry/5455 にも比較的詳しく解説されています。

Categorised in: 全身病と眼