お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年3月27日

11678:COVID-19感染のマーカーとしての嗅覚喪失:記事紹介

清澤のコメント:プロ野球選手が臭いを感じないことを主訴として新型コロナ感染が診断されたというニュースが出ていました。医師がよくその可能性に気が付いたものとその慧眼に驚きました。上記のLoss of sense of smell as marker of COVID-19 infectionという記事を翻訳して採録します。臭覚味覚障害も COVID-19 感染に多い兆候だそうです。 https://www.entuk.org/sites/default/files/files/Loss%20of%20sense%20of%20smell%20as%20marker%20of%20COVID.pdf


 COVID-19感染の症状として臭いがなくなることの新しい証拠があります。私たちは無嗅覚症に関して以下の情報を公衆衛生イギリスに配布しています。その結果、この情報は、医療従事者が完全なPPEを採用し、感染率の抑制に役立つことが重要であることを強調しています。詳細については、以下をご覧ください。
ウイルス感染後の無嗅覚症は、大人の嗅覚喪失の主な原因の1つであり、最大40%の無嗅覚症の原因となっています。風邪を引き起こすウイルスは感染後の損失を引き起こすことがよく知られており、200を超えるウイルスが上気道感染症を引き起こすことが知られています。以前に説明されたコロナウイルスは、10-15%のケースを占めると考えられています。したがって、おそらく、新規のCOVID-19ウイルスが感染した患者に無嗅覚症を引き起こすことも当然のことです。
 韓国、中国、イタリアからは、COVID-19感染が証明されたかなりの数の患者が無嗅覚症/低血圧症を発症したという良い証拠がすでにあります。ドイツでは、3例中2例以上が無嗅覚症であると報告されています。検査がより広く行われている韓国では、陽性と判定された患者の30%が、それ以外の場合は軽度の症例での主要な症状として、無嗅覚症を患っています。
 さらに、他の症状がない状態で無嗅覚症を呈する患者の数が大幅に増加したという報告が急速に増えています。イランは孤立性無嗅覚症の症例の突然の増加を報告しており、米国、フランス、北イタリアの多くの同僚が同じ経験を持っています。私は今週、4人の患者、すべて40歳未満の患者を個人的に見ましたが、最近の無嗅覚症の発症を除いて、無症状です。通常、月に1人程度しか見ていません。これらの患者は、COVID-19の急速な普及を促進してきたこれまで隠されていた保因者の一部であるかもしれないと思います。残念ながら、これらの患者はテストまたは自己分離の現在の基準を満たしていません。
発生率の明らかな増加は、COVID-19がメディアで引き付けた注意を反映している可能性があり、そのような場合は、典型的なライノウイルスおよびコロナウイルス株が原因である可能性がありますが、特定するのに役立つスクリーニングツールとして使用できる可能性があります。それ以外の場合は無症候性の患者で、自己隔離についてより適切な指示を受けることができます。
COVID-19が無嗅覚症を呈する可能性、およびコルチコステロイドの使用により感染の重症度が高まる可能性があるという報告を考慮すると、パンデミック中に新たに発症する無嗅覚症の治療に経口ステロイドを使用しないようにアドバイスします。 無嗅覚症で他の症状のない成人が7日間自己隔離を求められた場合、 頭部外傷または 鼻ポリープなど 鼻の病気など精査を開始するために使用されている現在の症状基準に加えて COVID-19感染を挙げます。

イギリスの王立外科医学校の耳鼻科
35-43リンカーンズインフィールズロンドンWC2A 3PE
Tel:020 7404 8373 |メール:entuk@entuk.org |ウェブ:www.entuk.org 2
自己隔離の必要性を認識せずに、感染者としての他の症状のない個人の数を減らすことができるかもしれません。また、完全なPPEを採用し、他の医療従事者と比較して耳鼻咽喉科の外科医に見られる感染率の上昇に対抗することを支援することも、医療従事者にとって重要なトリガーになります。

敬具、 Claire Hopkins教授、BMBCh、MA FRCS(ORLHNS)DM(Oxon)
英国鼻科学会会長
キングスカレッジロンドン鼻科学教授
ガイ病院、セントトーマス病院  コンサルタント耳鼻咽喉科外科医

 Nirmal Kumar教授、
ENT UK会長

Categorised in: 全身病と眼