お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年2月17日

11519:加齢に伴ってみられる眼部腫瘍性病変(小幡博人先生)聴講印象記

日本眼科医会第78回生涯教育講座
テーマ:超高齢時代の眼科診療
加齢に伴ってみられる眼部腫瘍性病変(小幡博人先生)

清澤のコメント:この講義では最初の眼瞼腫瘍4種はしっかりと抑えておこうと思った。霰粒腫様の物の内容物は濾紙に乗せてからホルマリン固定が良いらしい。::今回の講座は神戸大中村誠先生がオルガナイザーでとても良い講師が選ばれ、堪能できる講演だった。しかし、新型肺炎流行中のためか参加者はやや少なめだったようです。私も含めた参加者の年齢も、やや高めな印象でした。次回は東京オリンピックの為、スキップして来年2月にAIをテーマに開かれるという事です。
-----
国立がん研究センターがん情報サービスに眼科の癌を扱う施設とその扱い数が出ているとのこと。ご参考に

Ⅰ:眼瞼腫瘍:7割良性、3割悪性。高齢者に悪性が多い。
1、母斑細胞母斑:nevocellular nevus茶褐色半球状、表面平滑(ほくろ)
2、脂漏性角化症(老人性疣贅):seborrheic keratosis 境界明瞭な隆起病変。表面が固くざらざらしている。
3、基底細胞癌:basal cell carcinoma黒から灰黒で、結節状に増殖し、中央に潰瘍を作る。深部浸潤し、下瞼に多い眼瞼炎と似る。
4、脂腺癌sebaceous carcinoma:マイボームかツアイスかわからぬ事多し。黄白色、結節状、固い、瞼結膜に凹凸・隆起。霰粒腫に似る。

Ⅱ:結膜腫瘍
1、結膜の悪性リンパ腫:ほとんどがMALTリンパ腫 サーモンピンク
2、眼表面扁平上皮新生物OSSN (上皮内癌、扁平上皮癌):1995年に上皮内かより深いかを含めた名称OSSNとされた。輪部に出る。
3、結膜悪性黒色腫:こい茶色で丈の高い物なら考える。
Ⅲ,眼窩腫瘍:リンパ増殖性疾患が多い。
Ⅳ、眼内腫瘍:悪性黒色腫、悪性リンパ腫、転移性腫瘍
Ⅴ、高齢者の癌治療:様々な問題を抱えている。
余命が短い、様々な併存疾患、生理学的機能低下、認知機能の低下、入院でせん妄を起こす、独居老人問題、個人差が大きい。癌と患者を理解し、普段と変わらぬ対応をし、相手の価値観を尊重し、応援の気持ちを和売れない。

Categorised in: 全身病と眼