お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年1月13日

11435:産業革命以来、米国人の体温は低下した;記事紹介

清澤のコメント; 「人間の体温は1800年代から低下していることが判明した、その理由とは? 」- GIGAZINE というネットの日本語記事を見て、元記事に戻ってみました。 アクセプトされた雑誌記事ではないようです が、3つのデータセットを乗り継いで上記の結論を出しています。

https://gigazine.net/news/20200110-human-temperature-decreasing/

英文元記事を翻訳して引用します。

Decreasing human body temperature in the United States since the industrial revolution

Myroslava Protsiv, ほかスタンフォード大学医学部、米国。

研究記事2020年1月7日 DOI: 10.7554/eLife.49555

産業革命以来の米国の人体温度の低下

概要:米国では、成人の通常の口腔内温度は、平均して、19世紀に確立された標準的な37°Cよりも低くなっています。体温は時間とともに低下したと仮定しました。南北戦争の退役軍人(N = 23,710;測定年1860–1940)、National Health and Nutrition Examination Survey I(N = 15,301; 1971–1975)、およびスタンフォードトランスレーショナルリサーチ(N = 150,280; 2007–2017)の3つのコホートからの測定値を使用し、統合データベース環境で年齢、身長、体重を調整した後、一部のモデルの日付と時刻で、男性と女性の平均体温が単調に0.03°低いと判断しました。出生10年ごとの体温、連合軍コホート内のコホート間と同様の低下は、測定誤差を説明しにくいものにします。この実質的で継続的な体温の変化(代謝率のマーカー)は、157年にわたる人間の健康と寿命の変化を理解するための枠組みを提供します。

Categorised in: 全身病と眼