お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2019年11月1日

11251:口手症候群における口回りと手指とのしびれとは:

普段当医院に通院している患者さんが、昨夜から口と手指にしびれがあるといって来院されました。本日外来診療を手伝ってくださっていた神経内科の先生が口手症候群ではないか?と気が付いてくださり、救急対応をする病院にお願いすることができました。

「救急搬送A対応」が必要という患者さんのカテゴリーがあるそうで、今回はその対応をしていただくことができました。

しびれの原因のその対策 埼玉医科大学総合医療センター 神経内科 野 村 恭 一先生のPDF(http://www.saitama-med.ac.jp/lecture/materials/18-H1806-1.pdf)を拝見しますと、

1)末梢神経障害―――、

2)脊髄・神経根障害―――

そして:

3)脳障害では、主に病巣と反対側に感覚障害を認めます。例えば、

① 脳梗塞では病巣と反対側の顔面を含めた半身の感覚障害を認めます。脳幹梗塞では時に病巣側の顔面感覚障害と反対側の半身感覚障害(感覚解離)を認めます。また、

特徴的な脳梗塞として視床梗塞があります。半身の顔面の口周囲と手(主に第1、 2指)のしびれを訴え、口手症候群と呼ばれます。原因は視床内側の小さな脳梗塞(ラクナ梗塞)あるいは視床出血によるもので、治療は非常に困難です。

:との記載がありました。

Categorised in: 全身病と眼