お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2019年10月29日

11241:夜間の習慣が昼間の健康に与える影響とは

清澤のコメント:安らかな睡眠を毎日十分にとることは、翌日の爽快な一日にとって必須です。言い古された事柄ではありますが、眼に関連する事柄も含め、寝る前に避けるべき事柄がこの中に纏められています。1ページ程度に凝縮して紹介します。

(元記事2019年8月13日:Smitha Bhandari、MD)

  • 運動

ジムで運動をすると、睡眠が改善され、より早く眠りにつくことができます。しかし運動はコルチゾールを増し、これは眠りには良くありません。運動は就寝3時間前までに。

  • パッキングランチは夜作る

朝の時間とストレスを節約し、1日を過ごすのに十分な栄養を保証します。

  • 遅い食事

夜遅くには、ヨーグルトのような軽いものを選択し、睡眠に影響を与えないようにします。

  • 歯を磨く

夜に歯磨きとフロスをしないと、歯石が付きます。わずか1〜2日で硬化し、虫歯や歯周病につながります。歯石は歯科医だけが取除けます。

  • 夜遅くまで起きている

遅くまで起きているとコルチゾールが生成され、体重が増え、病気のリスクが高まります。翌日、より多くの高脂肪、高糖質食品を欲するようになります。少なくとも8時間の睡眠をとるのに十分な早さで寝ることが役立ちます。

  • アルコールを飲む

アルコールは睡眠に悪影響を及ぼすため、日中は疲れやすくなります。睡眠の質の悪化、尿量とトイレ回数増加。1日に1〜2杯に保ち、就寝前の3時間は飲まないように。

  •  カフェインの後期の衝撃

晩にカフェインを摂取すると、睡眠に影響を与え、翌日はむかつくことがあります。お茶、コーヒー、チョコレート、そして多くのエネルギードリンクに含まれています。就寝の6〜8時間前にカフェインを摂取しても、翌日は不安に感じることがあります。

  • 顔を洗う

吹き出物の可能性を最小限に抑えるために、夜に顔を洗ってください。特に乾燥肌の場合は、顔を洗いすぎたり、あまりにも強くこすりたくありません。

  • 昼寝

午後遅くまたは夕方の昼寝は通常の睡眠ルーチンが混乱し、朝起きるのが難しくなります。

  • あなたの忙しい心

夜に翌日すべきことリストを作成すると、翌日のストレスが減り、集中力が増します。

  • 暗くなってからデジタル機器を使うこと

夜間にデバイスの青色光を避けて、サーカディアンリズムに影響を与えないようにします。

夜間の人工光が多いと、体内時計が乱れます。スマートフォン、ラップトップ、その他の電子機器の「青色光」は、体が作るメラトニンの量を減らし、睡眠を困難にします。

  •  睡眠ルーチンを取得する

夜間のルーチンを確立することで、より良い睡眠をとることができる。心を宥める夜のルーチンで就寝を楽にします。本を読む、落ち着く音楽を聴く、温かいお風呂やシャワー、軽いストレッチも眠気を助長します。難しい議論やストレスの多い議論も避けよう。

Categorised in: 全身病と眼