お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2012年12月26日

痛風と眼

痛風(つうふう、gout)は、高尿酸血症を原因とした関節炎を来す疾患。名称は、痛み(発作の箇所)が風が吹く様に足・膝・腰・肩・肘や手など全身の関節・骨端を移動し、尚且つ風が強くなったり穏やかになったりする様に痛みが酷くなったり和らいだりを繰り返すことから命名された。

本日はこの痛風が目に起こす病変について調べてみます。(記事準備中です2021.11.25 以下medscapeを参考に)

目の関与

痛風を取り巻く民間伝承も眼に関係しており、20世紀以前は、無数の一般的で異常な眼の症状が誤って痛風に起因するとされていました。医学はそれ以来、痛風のまれで​​はあるが明確な側面として眼の関与を記録しています。眼の痛風のすべての症状は、眼組織内の尿酸結晶の沈着に続発します。 9091 ]

痛風結節はまぶたに記載されています。 929394 ]結膜の針状結晶を含む結節は時々軽度の辺縁角膜炎に関連したinterpalpebral領域内に記載されています。角膜上皮細胞の深部およびボーマン膜のレベルにある、屈折性の黄色い結晶を伴うバンド角膜症は珍しいことではありません。 95 ]

上皮破壊による角膜ヘイズや異物感による視力障害が発生する場合があります。痛風が前部ブドウ膜炎に関連することはめったにありません。デュークエルダーは、彼の古典的な眼科の教科書の中で、これを出血性ブドウ膜炎の原因として言及しています。強膜炎と腱炎も報告されています。角膜に加えて、虹彩、前房、水晶体、および強膜が尿酸結晶を宿していることがわかっています。死後の検査では、尿酸結晶は足根軟骨と外眼筋の腱にも見られます。 9091 ]

Categorised in: 全身病と眼