お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2021年10月5日

13132:2021年のノーベル生理学・医学賞は熱や圧力を感じる神経の仕組みを分子レベルで解明した2人に:記事紹介

清澤のコメント;カプサイシンがでてきました。もう少し詳しく知りたいですね;

2021年のノーベル生理学・医学賞を米カリフォルニア大学サンフランシスコ校のデービッド・ジュリアス教授と米スクリプス研究所のアーデム・パタプティアン教授に授与すると発表した。皮膚などが熱や圧力を感じる神経の仕組みを分子レベルで解明したことが高く評価された。

授賞理由は「温度と触覚の受容体の発見」。ジュリアス氏は、唐辛子の辛み成分であるカプサイシンに反応する細胞表面のセンサーの遺伝子を特定した。センサーは辛み成分を「痛み」として感じ、痛みを感じるほどの熱い温度にも反応する。「痛い」と「熱い」を感じる共通のメカニズムが分かった。ジュリアス氏の下に留学していた自然科学研究機構生理学研究所の富永真琴教授が研究に大きく貢献した。注:https://www.soken.ac.jp/file/disclosure/pr/publicity/journal/no10/pdf/p40-45.pdf

一方、パタプティアン氏は、皮膚や内臓の細胞が圧力などの機械的刺激に反応する仕組みを発見した。両氏の研究によって、熱さや冷たさ、触覚が神経の電気信号に変換される仕組みが分子レベルで解明されるようになった。慢性疼痛(とうつう)など幅広い病気の治療研究にも役立っている。

Categorised in: ご近所の話題