お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2021年9月26日

13122:スラップ訴訟(嫌がらせ訴訟)が話題になっています

スラップSLAPP、strategic lawsuit against public participatio

ネット番組「ニュース女子」の沖縄基地反対闘争を批判する番組に対して、名誉棄損であるという訴訟が起こされており、この番組は終了になっています。この動画ニュース番組内では民事裁判の被告側に立たされた側のジャーナリストが、これは不当なスラップ訴訟であると主張していました。耳慣れない言葉でしたのでこのスラップ訴訟について調査して見ました。訴訟社会である米国では、このような嫌がらせを目的とし(「たとえ敗訴であっても、相手にダメージを与えられれば構わない」といった)スラップ訴訟を禁ずる動きがあるようです。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』を参考に記載して見ます。

  ーーーーー記事抄出ーーーーーー

スラップSLAPP、strategic lawsuit against public participation)とは、訴訟の形態の一つであり、特に民事訴訟において「公的に声を上げたために起こされる」加罰的・報復的訴訟を指す言葉である。

一般的には、社会的にみて「比較強者(社会的地位の高い政治家、大企業および役員など)」が、社会的にみて「比較弱者(社会的地位の低い個人・市民・被害者)」など、公の場での発言や政府・自治体などへの対応を求める行動が起こせない者を相手取り、言論の封圧や威嚇を目的として行われる。

口封じ訴訟恫喝訴訟威圧訴訟批判的言論威嚇目的訴訟などとも訳される。

概説

スラップは、社会的地位が高い、もしくは経済的な余裕のある比較強者が原告となり、社会的地位が低い、もしくは経済的な余裕のない比較弱者を被告とすることで、恫喝的に訴訟を提起することが多い。

実際に原告たる比較強者が訴訟を提起した場合、被告側たる比較弱者には、法廷準備費用や時間的拘束などの負担を強いられるため、訴えられた本人だけでなく、訴えられることを恐れ、被告以外の市民・被害者やメディアの言論や行動等の萎縮、さらには被害者の泣き寝入りを誘発し、証人の確保さえ難しくなる。したがって原告たる比較強者としては、仮に敗訴しても主目的を達成できることになる。

スラップにおいては、原告よりも経済力の劣る個人が標的になるが、あえて批判するメディアを訴えず、取材対象者である市民を訴える例もある。そのため、欧米を中心に表現の自由を揺るがす行為として問題化しており、これを禁じる法律を制定した国や自治体もある。例としてアメリカ合衆国のカリフォルニア州では、「反SLAPP法」に基づき、被告側が原告側の提訴をスラップであると反論して認められれば公訴は棄却され、訴訟費用の負担義務は原告側に課される。

https://youtu.be/L1RDySb9CMo

Categorised in: ご近所の話題