お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2021年7月27日

13009:視覚障害者の手挟み発車 京急電鉄、60代男性けが:報道記事です

清澤のコメント: 今朝は台風で大雨です。オリンピックの結果が少しづつ出てきます。今日は視覚障害者に関するこんな事故が報道されています。ホームドア設置で避けられる事故かと思われます。

 共同通信社 2021/07/27 00:01

 26日午後1時ごろ、神奈川県横須賀市久里浜の京急久里浜駅で、視覚障害がある60代の男性が上り快特電車に乗ろうとした際に扉が閉まり、右手を挟まれた。電車はそのまま出発し、男性は約2メートル引っ張られてホームに転倒。頭や腰を打ち、軽いけがをした。

 京浜急行電鉄によると、男性は視覚障害者用の白杖を持っていたが、快特電車の車掌(24)は男性を見送りの客と思い込み、男性が電車から離れたように見えたため、発車させた。白杖や手が挟まれたことに気が付かなかったという。車掌は転倒に気付き、非常ブレーキをかけた。

 同社は「深くおわびする」としている。

Categorised in: ご近所の話題