お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2021年7月21日

13000:文化の盗用:cultural appropriationという言葉が飛び交っています。

清澤のコメント:祝13000ページはさておいて:

衣服のデザインは見る人の目を通して脳に入り、その特徴は大脳後頭葉の視覚連合領でパターンとして認識されます。最近では、グーグルでイメージ検索をすると、似た画像は限りなく探し出されてきます。ですから、何らかのデザインが先行する作品に似ていると認識されることはしばしばあるでしょうし、あえてそのイメージを取り入れたデザインを意匠としてデザイナーが発表することもあったでしょう。そのような事象が今、ネット上で「文化の盗用」として批判されることが増えてきたようです。

その比較的初期の例が「高校生のパーティー衣装」事件だったようです。これは、チャイナドレスを着て中国人ではない女子学生が卒業祝いのパーティーに出たら、ネット上で「文化の盗用」に当たるとして批判されたという事件です。この記事を抄出して紹介しよう。文化の盗用が批判される理由もそこに見ることが出来ます。

「ただのドレスなのに」高校生のパーティー衣装が思わぬ論議呼ぶ

2018.05.21

ケジア・ダウムのツイッターから

” ‘It’s just a dress’: Teen’s Chinese prom attire stirs cultural appropriation debate”

2018年5月1日付 ワシントン・ポスト紙から:

アメリカの高校で春の大きな行事と言えば、prom(プロム。卒業生を中心に学年末に正装で行うダンスパーティー)だ。今やSNS時代なので、多くのティーンエージャーはプロムの日に撮った写真を、インターネット上にアップする。ユタ州の高校に通うケジア・ダウムはそうした意味で、ごく普通のことをした。しかし、彼女の写真は炎上、釈明に追い込まれる事態に発展したのだった。

彼女がその日に着ていたワンピースが一般的なプロムのドレスではなく、cheongsam(チョンサン、チャイナドレス)だったからだ。個性的で何らかの意味を持つような衣装を探していた彼女は、それを見つけ、美しいと思った。が、ネットの反応は違っていた

文化の盗用?ツイッターで批判

炎上のきっかけは、ある中国系男性がダウムがアップした写真を引用して批判するツイートを投稿したことだったという。「僕の文化はあなたのプロムドレスではない」。続いてその男性は、チャイナドレスがアメリカのconsumerism(消費者主義)の対象になり、白人の需要にcater to(応えている)のは、colonial ideology(植民地支配的な価値体系)と同じだと主張。彼のツイートはネット上で拡散、議論され、ダウムへの批判の声が次々と上がった。アジア系でない彼女が、アジアの衣装を身に着けていたのはplay dress up(着せ替え遊びをする)ようなものだという批判が多く寄せられた

ダウムが巻き込まれたのは、モデルなどのセレブが最近、批判されているcultural appropriation(文化の盗用)に関する議論だった。これはdominant culture(優勢で支配的な文化)に属する人びとが、そうではない文化を利用することを意味する。特に、支配的な文化に属する人が、異文化の持つ深い意味を理解せずに利用すると、単なるエキゾティックなファッションやおもちゃのように扱うおそれがある。そのためcultural appropriationは良くないという認識が広まりつつある。また、こうしたことに関連していると思われると、ダウムのプロムドレスのように、SNSですぐに批判されるのだ。

◎別の例では、アメリカ人の母親がブログに載せた幼い娘とそのお友達による可愛らしい日本風のお茶会の様子が、「人種差別だ!!」「文化の盗用だ!!!」(cultural appropriation) などと炎上したという記事も出ています。和服姿のアメリカ人の小さな女の子たちが、おままごと感覚で、彼女たちなりに演出した日本風のお茶会を楽しんでいるただそれだけなのだ。ところが実際には、この素敵な日本風のお茶会風景が、「人種差別だ!!」「文化の盗用だ!!!」などと炎上した。

この記事を批判したり、文句を言ってるのは、当事者である『日本人以外の誰か』だったということです。

◎このほかにも白人の有名人ジャスティン・ビーバーが黒人風の髪形にしたら、それを「文化の盗用」だと批判されたと報じられた。https://www.cnn.co.jp/showbiz/35170069.html

◎米国のアパレルメーカーがメキシコの先住民風のドレスを販売したらメキシコ政府から文化の盗用ではないかと釈明を求められた(https://toyokeizai.net/articles/-/432539?page=3)という話もあります。別のメーカーはターバン状のスカーフを文化の盗用だと批判された様だ。

Categorised in: ご近所の話題