お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2021年6月17日

12951:ワクチン接種、病院で代金請求に疑問の声 「無料のはず」でも再診料請求のなぜ?:などのニュースです

清澤のコメント:ワクチンの予約や注射では日本中で、多くの混乱が生じています。①の事例は、窓口での予約ではなく、定期的に診察している患者さんとして医師が面談していて、再診料を請求していますので、返金する必要性は無いようにも思われました。②の事例では、クーポンを無くしているのですが、強引に接種をさせようとして警察を呼ばれており、その結果全国に知られたのはお気の毒でした。

① 6/17(木)  新型コロナウイルスワクチンの接種を京都市内の病院で予約した高齢者から「病院でお金を請求された。ワクチンは無料のはずでは」という声が京都新聞社に寄せられた。政府も「ワクチンは無料で接種できる」としている。なぜ請求が発生したのか理由を取材した。

声を届けた男性(80)によると、5月中旬、ワクチン接種の予約を取ろうとかかりつけ医のいる市内の病院に電話。「予約は来院時に」と言われたので、同21日に病院を訪れて主治医と面談し、7月下旬に1回目の接種を予約したという。 ところが帰り際、会計で「再診料」として診察代240円を請求された。

この病院を取材すると、持病がある人に対し、接種が可能か確認するため、主治医が診察してからでないと予約を入れない仕組みにしているという。男性の場合も病歴などの確認をしたため、診察代を請求したという。ただ、男性に事前に診察代が必要なことを伝えていなかったことから、240円は返金する予定という。しかし、あくまで「診察は必要」との立場は変わらず、病院の事務長は「受診のついでに予約も取れて『手間が省けた』という人もいる。ワクチンを打つ代わりに診察代を取ろうとした訳ではない」と強調する。ーーー以下略

② 

ワクチン接種のため訪れた病院で暴行疑い 岐阜の男逮捕

2021年6月15日 21時13分 (6月15日 21時15分更新)

 新型コロナウイルスのワクチン接種のために訪れた医院で暴れ、医師に体当たりしたとして、岐阜県警は15日、暴行の疑いで、岐阜市六条南二、自称無職xxxx容疑者(73)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑では、同日午前9時55分ごろ、岐阜市内の医院で、院長の男性医師(40)に体当たりをして転倒させたとされる。 岐阜南署は小森容疑者の認否を明らかにしていない。医師にけがはなかった。医院の女性事務員が「ワクチンの接種券をなくした男性が接種のために来院し、暴れている」と110番した。

Categorised in: ご近所の話題