お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2021年5月16日

12868:あなたはコロナワクチン接種を受けますか?

清澤のコメント:電話で順番が取れなかった高齢の母は、その予約手配の手際の悪さにとても怒っているそうです。町長がキャンセルされたワクチンの接種を受けたことで批判されている事例もあるようです。高齢で持病もある私は、医療者枠で接種を予定されており、医療者としては接種を受けるべきであると認識していますが、万が一脳卒中などの重い副作用に当たってしまったらきっと後悔することになるのでしょうね。おそらく、同調バイアス無く、打つべきかどうかを個人が自由に決められることが望ましいのでしょう。そのことを武田先生は話しています。

次の動画は覆面の製薬会社社員が、ワクチンを打つべきか?をどう判断すればよいかを説明しています。

京都大学、川村先生<https://www.covid19-yamanaka.com/cont2/48.html>によると
ファイザー社製ワクチンの有効性が95%とは、現実的な見方をすると、2万人に接種して162人が感染するところが8名になり、154名の感染が防げることになるので、ワクチンを打って恩恵を受けた人の割合は0.8%となる」。残りの99.2%の接種者は、接種を受けても受けなくても運命は変わらない。ここでもし重い副作用が接種者の1%にでも出たら、有効性は吹き飛んでしまう。
重篤な副反応は、インフルエンザワクチンの8.5倍?

Categorised in: ご近所の話題