お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2021年5月1日

12827:新型コロナウイルス感染症(COVID-19)人工呼吸器およびECMOの使用に関する一般市民の意識調査がプレスリリースされた

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)人工呼吸器およびECMOの使用に関する一般市民の意識調査

清澤のコメント:新型コロナ感染で重症の呼吸困難を生じると人工呼吸器ないしECMOがの使用がなされるが、その際には鎮静剤が使われるから意思の疎通ができなくなる。限られた資材をだれに使うかを決めるトリアージが行われ、皆がその恩恵にあずかることはできない。新型コロナウイルス感染症での人工呼吸器およびECMOの使用に関する一般市民の意識調査結果がプレスリリースで発表された。https://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/about/press/page_00086.html

  ――――記事の概要は――――

―医療への信頼性維持と迅速な治療方針決定のため 重症時「どうなる?」への理解不足解消を―

発表のポイント

「人工呼吸器」「体外式膜型人工肺(ECMO エクモ)」に関する認知度は高い一方で、COVID-19感染症が重症化した場合に、人工呼吸器やECMOが使用される可能性があることについては知っているものの、装着はどのように行われ、装着した患者はどのような状態になるかについての認知は低いことがわかりました。

治療や介護の方針を事前に決めておく「ACP(Advance Care Planning:もしものときのために自分が望む医療やケアについて、健常時に繰り返し話し合い、家族や医療者と共有するプロセス)」の実施がCOVID-19感染症に関しても専門家から推奨されていることへの認知は低く、事前にどのような医療を受けたいかについて意思表示する人が、このままでは増加していかないことが予想されます。

COVID-19感染症治療において「トリアージ」が行われる可能性があることについて想像したこともない一般市民の多いことがわかりました

  ―――――

 研究成果の概要 抜粋

1. 人工呼吸器やECMOに関する認知度

・肺炎が重症化した場合に人工呼吸器の使用が必要になる可能性があることについて:「知っていた」 67.8%。「なんとなく知っていた」 25.3%

合計93.1%

・装着には気管内挿管や気管切開が行われることについて:「知っていた」 31.0%

・装着時及び装着中は鎮静剤を用いて意識レベルを下げる処置が行われることについて:「知らなかった・考えたことがなかった」 58.1%

・ECMOを装着する際には患者の意識レベルは低く、コミュニケーションが取れない状況にあることについて:「知らなかった・考えたことがなかった」      48.3%

重症化した場合に、人工呼吸器やECMOが使用される可能性があることについては知っていても、装着はどのように行われ、装着した患者はどのような状態になるかについての認知は低い。

2. 重症化した場合の医療に関する「事前の意思表示(13)

・自身や家族が重症化した場合に受けたい又は受けたくない医療について家族等と話し合ったことの有無について:「ない」       87.8%

事前にどのような医療を受けたいかについて意思表示する人が急増することは見込めない可能性。

3. トリアージに関する認知度

・「トリアージ」という用語自体:「聞いたこともなかった」 31.4%

・「ECMOの装着を必要とする患者数に対して台数が足りない場合、装着する患者の優先順位を決定するトリアージが行われる可能性」がある:「知らなかった・考えたことがない」      44.0%

 トリアージが行われる可能性があることについて想像したこともない一般市民の多い。

【調査結果から見えた課題と対策】

肺炎が重症化した患者は、人工呼吸器の使用が必要となり、さらに悪化すればECMOへの移行も必要となります。しかし、これら医療機器の使用については2つの倫理的な問題があります。一つが、意思決定に関する問題です。新型コロナウイルス感染症患者に対する使用においては、症状の急速な増悪、家族が濃厚接触者であることによる感染リスク、本人の鎮静状態、などによる意思確認の困難性を伴う。2つ目は、機器自体や医療スタッフの数的制約がある中で、重症患者が同時に複数発生した場合に、人工呼吸器やECMOどう有効活用していくか、といったトリアージの問題。


重症患者に対して人工呼吸器やECMOを使用する可能性があることは一般市民にも認知されていますが、これら医療機器の装着により、患者はどのような状態になるかを知っている人は少ない。また、トリアージが行われる可能性があることを認知していない一般市民が多い。
 

Categorised in: ご近所の話題