お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2021年4月11日

12779:【推し、燃ゆ②】推しメンの引退とファンの喪失感!中田の考察は?:中田敦彦動画

2021/04/11

清澤のコメント:中田敦彦さんは、本の解説とか面白い動画を出していると思っていたのですが、シンガポールへの移住を決めたと聞いていました。シンガポールからだと、ユーチューブ大学での人気を維持することはかしくは無いか?と思いました。4月を迎えて、オリエンタルラジオは解散し、動画も顔を出さない形にしたとか。そういっているうちにまた顔も出すことにしたという話も聞きました。さてこれからどうなってゆくのでしょうか?
中田敦彦のYouTube大学 – NAKATA UNIVERSITY
中田敦彦のYouTube大学 – NAKATA UNIVERSITYチャンネル登録者数 376万人

この動画の前編はこちら https://youtu.be/7R-Le9fc5ug

後編:https://youtu.be/he9g3KQg2WA

事情を記した記事を引用:

中田敦彦が顔出し引退を撤回 アバター化に失敗したその理由

MoguLive編集部    話題

4月6日(火)お笑い芸人の中田敦彦さんが、4月からのアバター活動宣言を撤回。今後も本人の顔を出しつつ活動していくと説明しました。アバターでの動画はすでに2本収録しているため、4月下旬から顔出し活動を再開するとのこと。

中田さんはアバター化の撤退理由について、アバターのデザインや動画の編集は問題が無かったが、声だけでは熱量が足らないように感じられ、「中田敦彦が見たい」というニーズが満たされていないという判断があったとのこと。「顔出ししないことでうまく成功する人もいる」とコメントしつつ「中田敦彦は顔出しに向きすぎていたので引退を撤回することになりました(中略)表情とか演技とか動きとかの芝居自体が、アバターにやらせるのが不可能」と説明しました。

また前回の動画で説明していた「プライバシーの取り扱いにリスクを感じるようになってきた」という動機については「僕という表現者が顔を隠すっていう方向性は必ずしも(プライバシーをマスコミなどから守るという目的と)イコールではなかった。(中略)モラルを浸透させるという方向と、僕自身が顔出しで表現し続けるという方向は必ずしも矛盾しない」と語っています。

タレントのアバター化は成功するのか?

Categorised in: ご近所の話題