お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2021年2月17日

12669:クリニックのインターネット戦略:三種の神器:だそうです。

参天製薬の眼科と経営の160号が届けられました。この記事の著者はユーチューブでおなじみの河村伸哉さんです。新型コロナウイルス流行前後を比較してインターネットでのプロモーション、ホームページでの情報伝達が重要になっている。アフターコロナで重要になるインターネット戦略を解説というおはしです。当医院では清澤眼科医院通信という膨大なブログを内包したホームページを利用していますが、SNSはあまり生かせておりませんでした。早速、LINEを確保しましょう。またホームページもパソコンで制作してますので、スマホ画面をを見ることは少ないです。その辺もスマホでページを見なおす機会を増やしたいと思いました。

変わるコミュニケーションのあり方。:特に非常事態宣言中から後にかけて、ホームページを中心としたインターネット上での情報伝達に、必要な流れができている。インターネット3種の神器。

1つ目の神器「Google」:日本では9割がGoogleを使って情報に辿り着こうとしている。Google59%、Yahoo27%だが、ヤフーはグーグルの検索システムを使用しているので合わせて9割。グーグルマップやユーチューブもグーグル社傘下。だからグーグル検索で一ページ目に出てくることが必要。グーグルマイビジネスへの登録も推奨されている。

「ホームページオフィシャルサイト」:検索で辿り着くのはホームページ。ホームページを見て「ここがいい」と思うようにしておくことが必要。辿り着いた人がここがいいと思ってもらえる内容にしておく必要がある。「どのような治療を行っているのか」「手術の場合の流れ」「疾患ごとの治療」など。スマートフォンになれている人には一ページにたくさんの内容(2,000文字以上)がある方が有利。

「SNSの活用(LINE)」:SNSの活用は「既存の患者さんとつながる」という目的で行う。SNSの中でもLINEがよい。電話と違いチャットはソ記事にこたえなくて良いツールである。たくさんの電話の一部がチャットに移り業務効率化も。ライン公式というサービスに登録し、医療機関の公式ラインを立ち上げる。https://www.linebiz.com/jp/service/line-official-account/ 此処からLINE公式ページを作成して、患者さんに案内して友達登録していただく。

3つの神器の「流れ」を大切に:①google→②ホームページ→③SNSという順番があり、この流れが大切。SNS(LINE)をプロモーションとして①②の段階で利用しようとするのは非効率。SNSへは直接導かない。

① Googleで新しい患者さんと出会い、

② ホームページで新しい患者さんに気に入っていただき来院を促す、

③ SNSで患者さんとずっとつながっている。この流れを大切に。

Categorised in: ご近所の話題