お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2021年1月1日

12535:水面下で出回る中国ワクチン、富裕層から永田町へ? 狙われる日本市場

清澤のコメント:今朝は駅でこの見出しにひかれて毎日新聞を選んでしまいました。別ページを見ると、国内では「医療従事者や、基礎疾患のある老人から接種を始める」という噂もある新型コロナウイルス用ワクチンですが、国際的には「平等な配分を目指す動き」もあるようです。この記事の案件も実際に進行しているのでしょうけれども、人々の嫉妬を煽るような物言に、私は好感を持ちません。

追記:医師会経由で、このような未許可ワクチンの接種に国内の医師が関わる事が無いようにという国からの連絡が当医院へもファックスで届きました。厚労省のページにこの指示が公示されているそうです。

コロナで変わる世界

水面下で出回る中国ワクチン 富裕層から永田町へ? 狙われる日本市場

毎日新聞2021年1月1日 06時00分(最終更新 1月1日 06時42分)

中国医薬集団(シノファーム)が開発する新型コロナウイルスワクチン=4月、新華社

 中国で製造したとされる新型コロナウイルス感染症の未承認のワクチンが日本国内に持ち込まれ、日本を代表する企業の経営者など一部の富裕層が接種を受けていることが明らかになった。2020年11月以降、既に企業トップとその家族ら18人が接種を受けたという。ワクチンは、中国共産党幹部に近いコンサルタントの中国人が持ち込んでいる。個人が自分で使う以外の目的で海外からワクチンを持ち込むのは違法の可能性があるが、中国側がワクチンをテコに影響力拡大を狙っている姿が浮かんだ。

「提供したい相手が決まっている」

 12月12日土曜日の午後6時半過ぎ、東京都品川区にあるクリニックを大手IT企業の社長と妻が訪れた。休診日の診察室で待っていたのは、院長と中国人男性。「本当に安全なんですか」。初対面のあいさつもそぞろに、妻が不安そうに2人に尋ねた。背を向けたまま机上のパソコンのキーボードをたたき何も語らない院長に代わり、中国人男性がうなずきながらほほえんだ。

 中国人男性は日中間を仕事で行き来しており、20年の付き合いがあるこの社長に新型コロナウイルスのワクチン接種を勧めた。ーーーー

Categorised in: ご近所の話題