お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年12月23日

12522:ネットフリックスでスーツを見ています。目についた本日の記事は韓国の曺国前法相の妻に懲役4年の実刑判決というものです

清澤のコメント:スーツは今シーズン5です。見ていると自分の周りや医院内での事件が小さな物に感じられます。この3週くらいコロナの第3波拡大とともに清澤眼科医院通信の閲覧数が半減しています。どの様な関連が有るのかは不明ですが、このところは生きのいい眼科固有の記事が書けていないのかもしれません。ふと目についた記事は韓国の曺国前法相の妻に懲役4年の実刑判決 私文書偽造など:というものです。このところはまっている米国のテレビ番組スーツさながらの進行です。それにしても文ジェイン氏の政権のしぶといこと。---

 毎日新聞 2020/12/23 19:27

 韓国のソウル中央地裁は23日、娘の大学院入試に際し、表彰状を偽造して提出した私文書偽造や偽造私文書行使罪などに問われた曺国(チョグク)前法相の妻、鄭慶心(チョンギョンシム)被告に懲役4年、罰金5億ウォン(約4700万円)の実刑判決を言い渡した。検察側は懲役7年、罰金9億ウォン(約8400万円)などを求刑していた。

 鄭被告は2013年6月に自らが勤務する大学の総長名義の表彰状を偽造したなどとして起訴された。判決は、鄭被告による偽造を含め、入試不正に関する起訴内容を有罪と判断。「誠実に努力する多くの人に虚脱感と失望を引き起こし、社会の入試システムへの信頼と期待に背いた。厳重な処罰は不可避だ」と指摘した。一方、私募ファンドへの投資に関する業務上横領については無罪とした。

 起訴内容を否認していた鄭被告は判決後法廷で拘束された。曺氏は判決後、フェイスブックで「あまりにも大きな衝撃だ。ただちに控訴して争う」と表明した。

 文在寅(ムンジェイン)大統領の側近だった曺氏を巡っては、娘の入試不正疑惑などをきっかけに辞任を求めるデモが拡大、曺氏は就任から約1カ月で辞任に追い込まれた。曺氏自身も青瓦台(大統領府)の民情首席秘書官だった時に政府機関の幹部(当時)に対する監察をもみ消した職権乱用罪や娘の奨学金に関する収賄罪などで起訴され、公判中だ。【ソウル渋江千春】

Categorised in: ご近所の話題