お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年11月25日

12460:Bounce rate 直帰率とは

清澤のコメント;このブログにはブログ裏側のダッシュボードにウェブトラフィック分析の仕掛けが組み込まれています。最近知ったのですが、そのためにはgoogle analyticsというgoogle社の来訪を分析するプログラムが埋め込んでありました。時々、その仕組みが壊れると、サイト管理者の黒木氏に連絡して補修してもらいます。分析は、その瞬間から90日にわたって分析データを見ることが可能で、普通はまずページビュー数を見ています。例えば昨日のデータでは1291人の読者がいて、閲覧されたページ数は4005ページでした。オルガニックサーチというのは任意のキーワードからページを探しに来て、このブログに至った検索数で1065件です。ユーザー数とオルガニックの差の約200人が自分のパソコンやスマホにこのページの登録をしてくださっている、つまりいつも見てくださっている常連さんという事になるのでしょう。一回のセッションでは、平均2.88ページを見てくれています。また1ページだけを見てこのブログを離れた人の割合つまり直帰率は1.58%だけであったとされていました。

Sessions 1,391

Users 1,291

Page Views 4,005

Bounce Rate 1.58%

Organic Search 1,065

Pages/Session 2.88

Time on Page 00:00:26

Page Load Time 2.83

Session Duration 00:00:49

ふと気が付いたのですが、この表の中には来訪者数(一日に何人がこのブログを見てくれたのか?)、ページビュー(それらの人が総計としていくつのページを見てくれたのか)と並んで直帰率という数値が表示されていました。

ウィキペディアによると、直帰率とはウェブトラフィック分析で使用されるインターネットマーケティング用語です。これは、同じサイト内の他のページを表示し続けるのではなく、サイトにアクセスした直後にサイトを離れた訪問者の割合を表します。直帰率は、単一ページの訪問数をカウントし、それを総訪問数で割ることによって計算されると説明されていました。

私のブログは、医院のホームページの一部に構成されていますので、この直帰率は極低くなっている模様です。

Categorised in: ご近所の話題