お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年11月23日

12453:感謝祭2020:コロナ流行下でメンタルヘルスを保護する方法:記事紹介

感謝祭2020:メンタルヘルスを保護する方法 メヂカルニューストゥデイ

清澤のコメント:確かに世の中はコロナ感染の拡大、大統領選挙、そして株価などの乱舞と落ち着きがありません。米国ではクリスマスの前に感謝祭がありますが、今年はおとなしくなり、がっかりする人も多いのでしょう。感謝祭( Thanksgiving Day)とは、アメリカ合衆国とカナダの祝日のひとつ。Thanksgiving と略称されたり、あるいは七面鳥の日(Turkey Day)と呼んだりもする。アメリカでは11月の第4木曜日になっている。

https://www.medicalnewstoday.com/articles/thanksgiving-2020-how-to-protect-mental-health

2020年のホリデーシーズンの前、最中、後のメンタルヘルスを強化するための5つの基本的な方法です。今年は、旅行制限と検疫が実施されているので、調整が必要です。国民の平均的なメンタルヘルスが低下していることは疑いの余地がないです。人と物理的に遠い感謝祭での一見避けられない鬱をかわす方法を見ていきます。

1.睡眠:睡眠を失うことは私たちの気分を妨げます。十分な睡眠をとらないと、物事がうまくいかないときに悪く感じる可能性が高くなり、うまくいったときに気分が良くなる可能性が下がります。睡眠とメンタルヘルスの関係は複雑で双方向であることに注意。メンタルヘルスの問題は睡眠の質に影響を与え、睡眠不足はメンタルヘルスに悪影響を与えます。

2.アクティブに保つ:睡眠と同様に運動を含める必要がある。外に出ることはますます困難になる可能性があります。心肺フィットネスと一般的なメンタルヘルス障害のリスクとの関係が明らかです。身体活動がうつ病の出現に対する保護をもたらすことができるという概念があります。10〜15分の短い散歩で気分が高まり、落ち着きが増します。

3.孤独への対処:孤独はすでに2020年の重要な特徴です。友人や家族を振り返ることは、孤立感を強める可能性があります。これに対抗して、連絡を取りましょう。会話のスケジュールを立ててください。他の人との連絡で、電話、メール、ソーシャルメディアは役立ちます。楽しいタスクに参加している人は、封鎖や検疫の際にうまくいくことがわかりました。

4.よく食べて飲む:感謝祭は贅沢と関連します。「健康的な食事パターンは、西洋型食事などの「不健康な」食事パターンよりも優れたメンタルヘルスに関連しています。長期的には、アルコールはうつ病や不安神経症などの精神的健康問題を発症するリスクを高めます。

5.期待を一致させる:パンデミックに関しては、全員の期待は同様ではありません。一部の人々はまだシールドしており、他の人々は「パンデミック疲労」に屈して正常に戻っています。位置の違いは、失望と追加のストレスを引き起こす可能性があります。症例数が急増しているため、最も賢明な選択肢は、人間との接触を可能な限り制限することです。 米国疾病予防管理センター(CDC)は、人々が集まりやイベントを計画する際に考慮すべき要素を概説した文書を公開しています。賢明な選択肢は、人間との接触を可能な限り制限することです。招待人数を減らす、屋外での会議、マスク着用、2メートルの間隔、手洗い、音楽を低く保つ、アルコール摂取を制限する。:結局のところ、法律の範囲内でどのように行動するかについて独自の決定を下さなければなりません。

持ち帰りメッセージ:感謝祭に期待する良い時間を置き換えることはできません。しかし、正しく食べ、正しく眠り、動き回る努力をすれば、累積効果はある程度の利益を享受するのに十分かもしれません。 覚えておいてください、私たちは家にいます。気分が落ち込んでいる場合は、連絡を取り、友人や家族と話してください。彼らも落ち込んでいる可能性があります。あなたの感情について話すことを恐れないでください。誰も彼らが期待したホリデーシーズンを過ごしていません。 この間、多くの人が苦労しているので、終わりが見えにくいかもしれません。

Categorised in: ご近所の話題