お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年9月2日

12227:内モンゴルの教育現場ででモンゴル語が全面廃止へ。【及川幸久−BREAKING−】

94,618 回視聴•2020/09/01

中国自治区【内モンゴル】の教育現場ででモンゴル語が全面廃止へ。モンゴル人の命がけの訴えに国際社会は関心を!【及川幸久−BREAKING−】

清澤のコメント:内モンゴル自治区のフフホトから日本の東京医科歯科大学に留学され、帰国後母国の大学に務めているT君を思い出します。彼にはファーストネームがあるのですが、ファミリーネームがありませんでした。論文を投稿するときに不審がられて困りました。おそらく楊というのが全員に共通の姓に相当するのだろうけれど、パスポートにも姓は無いのですと言う事でした。懐かしい思い出です。

内モンゴル自治区はモンゴル人民共和国の南側で広大な地域。その東半分は旧満州だそうです。従来は内モンゴル自治区であり、国語としてのモンゴル語教育をしてきましたが、今回国語が中国語にされたそうです。武力で征服するだけではなく、生活習慣や文化を漢民族化することで、各自治区を漢民族化(中国化)する動きの一環です。これはチベットとウイグル自治区に続くものであり、此の同化政策は習近平政権になって強まっているとのこと。現在の中国政権が「ソ連崩壊は他民族に自治権を与えすぎたことによるものであった」と考えたからこその政策であると言います。国際社会がこのような民族抑圧の動きに強い関心を示さなかったことを及川幸久氏は問題だとしていました。

Categorised in: ご近所の話題