お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年8月7日

12157:ベイルートで4日に起きた大規模な爆発で、BBCベイルート支局の記者が巻き込まれた

居沢のコメント:連休を前に忙しい外来診療になっています。8月6日は広島に、8月9日は長崎に原爆が投下された日でした。今年も1945年の終戦の日に向かって75年後のカレンダーは黙々と進んでゆきます。私も歴史に関する認識を深めたいものです。

8月5日に所用があって大手町の大手会計事務所を訪問しました。会議室での打ち合わせの後、参考までにと、その社のオフィスをドアの外からのぞかせていただきました。400人が働くという体育館のような広大なオフィスは、適度な間隔でデスクが整然と配置されており、日本の経済を支えるという感じのオフィスはそれは壮観なもので、得難い経験でした。

戦争ではありませんが、ベイルートで大規模な爆発が起きました。この動画も驚くべきものでした。キーワードはショックウェイブ衝撃波でしょうか。

レバノンの首都・ベイルートで8月4日、大規模な爆発が発生し、AP通信などによると78人以上が死亡、4000人以上が負傷した。街の広範囲で建物は崩れ、瓦礫の下に閉じ込められた人もいた。

中東レバノンの首都ベイルートで4日に起きた大規模な爆発で、BBCベイルート支局の記者が巻き込まれた。 BBCアラビア語のマリエム・タオミ記者は当時、モロッコの持続可能エネルギー機関のプロジェクトマネージャー、ファイサル・アル・アシール氏をビデオインタビューしていた。 動画では、マリエム記者が爆風で吹き飛ばされ、床にガラスの破片のようなものが散らばっているのが確認できる。 記者は幸い無事だった。

BBCニュースサイトの記事はこちら。 https://www.bbc.com/japanese/video-53…

BBCニュースの日本語ツイッターはこちらから。https://twitter.com/bbcnewsjapan

衝撃波;爆発では音波としての波とともに、波形の崩れた風が発生し爆風を生じる、動画で瞬時に白く見えてまもなく消えるドーム状のものが衝撃波であるようだ。カメラを向けるなら、直度に強い爆風が襲う事も予知すべきかと思われる。

Categorised in: ご近所の話題