お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年7月9日

12071:慈恵医大病院外来棟など誕生:プロモーションムービー紹介です

清澤のコメント:慈恵医大からの本日の郵便物で2020外来棟&その他の完成を披露するプロモーションムービーが届けられました。当医院からも神経眼科疾患で門的な診療が必要な場合には患者さんをお願いさせていただいています。東京医科大学に続く私立大学病院での新外来棟の完成です。----

曰く: https://www.hosp.jikei.ac.jp/ 東京慈恵会医科大学では2020年1月4日に新しい外来棟がオープン。 新棟の開設にあたっては「原点回帰」をコンセプトに、同大学の精神でもある「社会貢献の精神と慈愛の心を基本とする医療」、「医学を基礎にしながらも人間味のある医療」、「患者さんを中心とした全人的な医療」の3つを理念として掲げ、患者が「Happiness」を実感できる医療の実現をめざす。 都内有数の広さ、アメニティーを有する都市型病院へと生まれ変わり、新たな一歩を踏み出す。 同時に新設された母子医療センターでは、高度で先進的な母子医療、包括的な母子医療を提供。 2層の連絡通路で外来棟と同センターを直結させることで、手術室から集中治療室へのスムーズな移動ができるほか、緊急時専用の通路が確保できるなど機能的な構造になっている。 先進の医療機器を配置 患者への負担が少ない医療を実現 泌尿器科でロボット支援手術を導入したほか、先端の検査機器であるPET-CTを、がんの早期発見などに役立てていく。 充実した画像診断設備を備えており、3テスラのMRI(磁気共鳴画像装置)を4台、1・5テスラMRIを1台、2管球CT3台を含むマルチスライスCTを5台保有、高速・高精度・低被ばくの検査を短時間で実施する。 放射線治療においては、複数の病変に対して一度に治療できる高精度放射線治療装置を設置。強度変調放射線治療(IMRT)、画像誘導放射線治療(IGRT)が可能になった。 (以下略):ということです

Categorised in: ご近所の話題