お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年6月16日

11989:絶対に関わってはいけない人7選 in フィリピン, アキラ先輩, Akira Senpai Philippines

ちょっと変わった面白い動画です。海外に住むのに気を付けるべき人を例示しています。かごに入れられたカニが仲間を引きずり落そうとする、つまりあなたを自分と同じように引きずり落したい人 と説明される Crab mentarityを持つ人が危険。また、会社の部下家族・奥さんなどに不機嫌な顔を見せることで気づかれることが有るが、 地元の人に嫌われている人などは付き合うのには要注意だと言っています。 自分の行動にも「かかわってはいけない」と言われないように注意しましょう。

マニラ在住の日本人として関わりたくない日本人を上げています。

1、フィリピンに住んでいることしか自慢することがない人

2、マニラに住んでいることを自慢する人

3、自分の経歴を長時間話したがる人

4、安く買◎したことを自慢する人

5、日本に住んでいて彼女がフィリピンにいると思っている人、そんなはずがない

6、かたくなに英語もタガログ語も話せない人

7、給与明細を見たがる人、劣等感の裏返し、

おかしなことばかり自慢したがる人が多い。マニラでも日本でもつまらないのはその人がつまらないだけ。

関わってはいけない人シリアス編。海外在住者のために厳選したワースト5, アキラ先輩,

1、聞いてないアドバイスをしたがる人 (あなたをだまして利益を抜こうとしている。その行動は、みっともないが本人は噂になっているのに気が付いてない。)

2、誘いを断るのに言い訳をする(劣等感を隠そうとしている。行きたいのだが行けない。Crab mentarity: カニが仲間を引きずり落そうとする、あなたを自分と同じように引きずり落したい人)

3、地元の人に嫌われている人、’会社の部下、家族、奥さんなどに不機嫌な顔を見せることで気づくことが有る。)

4、在住国の悪口を言うだけの人、(行き詰まっている不幸、劣等感強い)

5、客観的にみて趣味のない人:友人に依存するから迷惑で危険

Categorised in: ご近所の話題