お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年6月1日

11939:SNSで「医療関係者は国の英雄」盛り上がるインドネシア 背景に犠牲者55人という苛酷な現実:記事紹介

清澤のコメント:「SNSで「医療関係者は国の英雄」盛り上がるインドネシア 背景に犠牲者55人という苛酷な現実」というニューズウィークの記事(←リンク)です。抜粋して採録します。最後に最も視聴されている動画だそうです。静かできれいな歌声です。日本では忙しくて疲弊している大病院の医療従事者と、感染を恐れて受診しなくなる患者不足で収入減に苦しむ比較的小さな医療機関の対称が目立ちます。

2020年5月31日(日)18時21分大塚智彦(PanAsiaNews)

<新型コロナウイルスへの認識させた医療従事者の死>

インドネシアでは新型コロナウイルスの感染拡大が未だに増加しており、ジョコ・ウィドド大統領はじめ政府、地方自治体が一丸となって国民に感染拡大防止を呼びかけているが、罰則を強化したり制限を拡大したりしても規制にこだわらない国民性のゆえにかあまり実効性を伴わず、ルール無視や規制かいくぐりが毎日のニュースを賑わせている。

そんななか、「You Tube」などのネット上では医師や看護師、保健所勤務者、病院の警備員など新型コロナ対策に携わる医療関係を中心としたスタッフへの尊敬と感謝を表す動画、メッセージが溢れている。共通の言葉は「ありがとう、自らを省みない献身を続けるあなたたちは世界の英雄だ」である。

日本でも29日昼過ぎには航空自衛隊のブルーインパルスが東京上空を編隊飛行して医療従事者への感謝を示したが、インドネシアでも医療関係者への関心が高まっている。その理由の一つに院内感染による医師や看護師の死者が増えているという厳しい現実がある。、、、

医療従事者への感謝のメッセージを伝える動画で一番再生されている「他の人のために」 Eka Gustiwana / YouTube

Categorised in: ご近所の話題