お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年5月31日

11936:令和2年5月診療分 診療報酬等の一部概算前払の申請について

清澤のコメント;新型コロナウイルス感染症により収入が減少し、 (独)福祉医療機構(株)日本政策金融公庫等からの融資が必要となっている保険医療機関等については、融資が実施されるまでの資金繰り対策として、6月下旬の支払時に、「5月診療分 診療報酬等の概算前払」が利用できる旨の通知( https://www.ssk.or.jp/oshirase/maebarai.html )が医師会経由で届いています。 ホームページによると、申請の締め切りは6月5日と迫っております。 国民健康保険団体連合会による診療報酬等の支払についても、概算前払を希望する場合は、別途、国民健康保険団体連合会にも申請が必要です。 各関連医院で週明け以後には急いで対応する必要があります。

:いまだに上記2機関からの融資が実行されたという噂を聞きません。国からこの様な対応が告知されるという事は、  (独)福祉医療機構(株)日本政策金融公庫 からの融資には更に相当な時間がかかるという事でなのでしょうか?

ーーー記事抜粋ーーー

最終更新日:2020年5月29日

新型コロナウイルス感染症により収入が減少し、 (独)福祉医療機構(株)日本政策金融公庫等からの融資が必要となっている保険医療機関等については、融資が実施されるまでの資金繰り対策として、6月下旬の支払時に、5月診療分 診療報酬等の概算前払が利用できます。

令和2年5月診療分診療報酬等の一部概算前払について(厚生労働省ホームページ)

5月診療分 診療報酬等の一部概算前払のご案内(リーフレット)(PDF:996KB)

制度概要

●6月5日までに申請を行った保険医療機関等(※1)については、特例的に6月下旬に、4月診療分診療報酬等(※2)の支払に加えて、5月診療分診療報酬等を概算前払します。 
(※1) 保険医療機関・保険薬局・指定訪問看護ステーション (※2) 診療報酬・調剤報酬・訪問看護療養費
 
●概算前払の額は令和元年12月~令和2年2月診療分(※3)の平均診療報酬等支払額から4月診療分の診療報酬等支払額を減じた額に10/8を乗じた額となります。(千円未満の端数は切り捨て。)
(※3) 令和2年2月~令和2年4月支払分

●概算前払された診療報酬等(※4)については、7月下旬に支払われる5月診療分診療報酬等の支払時に減額調整(※5)されます。なお、減額調整しきれない場合は不足分をお支払いただきます。

 (例)12月~2月診療分の平均診療報酬支払額が1,000万円、
   4・5月診療分診療報酬支払額が800万円の場合
   ◆6月支払分 : 800万円 + (1,000万円-800万円) × 10/8 = 1,050万円
   ◆7月支払分 : 800万円 - 250万円 = 550万円

(※4) 前払分については債権債務関係が発生するため、会計処理上も通常の診療報酬等とは区別してください。
(※5) 融資決定が遅れた場合などについては、減額調整の猶予申請をしていただくことも可能ですので、社会保険診療報酬支払基金の下記お問合せ先にご相談ください。

利用の流れ

① オンラインによる申請もしくは「概算前払申請書」を郵送で社会保険診療報酬支払基金本部 概算前払事務局あてに提出してください。

② 6月中旬に、社会保険診療報酬支払基金から「概算前払額決定通知書」を郵送で毎月の当座口振込通知書に記載の住所へ送付します。 
  また、「概算前払額減額調整猶予申請書」については、当該決定通知書に同封し送付します。

③ 6月22日に、社会保険診療報酬支払基金から4月分診療報酬等と合わせて、5月分診療報酬等の一部を前払します。

④ 7月21日に、概算前払金額が減額調整された診療報酬等を支払います。

注:国民健康保険団体連合会による診療報酬等の支払についても、概算前払を希望される場合は、別途、国民健康保険団体連合会にも申請が必要となります。

Categorised in: ご近所の話題