お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年4月29日

11836:コロナ騒動で隠されている真実:馬渕睦夫 動画

清澤のコメント:演者はメディアと政府が共謀してコロナ汚染地域からの入国「外国人数」を隠しているという。しかしそこはそれほどの問題なのだろうか?以前から米国におけるディープステート陰謀論はこの演者の十八番ではある。縁者は、タレントによる国民の恐怖を煽る無責任な情報はたれ流さないでほしいというが、それはごもっとも。馬渕睦夫氏はトランプ大統領の出現が反グローバリズムという世界の新たな潮流の表れの一つだと早い危機に主張した。彼の動画をしばらく見なかったが、ご健在であることを寿ぐ。

 それにしても、日本のマスコミでは、韓国の総選挙で保守派が大負けして、文大統領支持国会議員が60%にもなったと言う事はなぜ報道されないのであろうか?

ーーーお話の要旨ーーー

我々が欲しいのは正確な情報であって、加工された情報ではない。日本の情報ばかりでなくCNNでもBBCでも情報には過剰な演出が加えられている。感染接触者数が日本と欧米との数に大きな差があるのにも関わらず、日本の報道は欧米と同等の意見を流している。

3月末から、4月になって帰国日本人が増えた。1月は100万人の帰国。その後は減ったが、4月でも3000人の外国人が汚染地域から入国している。法務省は特段の事情があった人だと説明しているが、国別などは教えていない(隠している)。隠しているのはそれが政府にとってまずいからだと想像できる。国民には自粛や休業要請がなされているが、国別の入国者数を知らせるほうが大事。感染経路が不明とはそういう人から始まっているのではないか?

こういうやり方で国民に真実を知らせていない。日本国民に不自由を強いている。外国人の割合を知らせていない。日本の病院に入院している外国人の数は?入国を許した特段の事情も明らかにされていない。メディアが隣国に忖度しているのか?公開されている特段の例示も役立たない。

どうしてこういう国になったのか?有事の時こそ、平時の問題には対応できない。

日本国家とは何か?武漢ウイルス感染事件の後の世界は、今までとは違ったものになるはずだ。しかし、現状では大きな事件の教訓に学べていない。日本のみならず、世界が同じ。

アメリカの報道はディープステートの別動隊だから、トランプに反対している。クオモ知事も民主党で、反トランプ。反トランプに利用されている。トランプは早く経済を回復させたいのだが。

政府からの要請は、日本では要請だが強制力があり、政府はそれに助けられている。政府はそれを当然と思っている、甘えている。有事には超法規的措置が必要な場合がある。日本では暴動が起きていない。「パチンコ店」で従わない人もあるが。

情報開示をしないことが何よりも問題。

。 

Categorised in: ご近所の話題