お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年4月12日

11752:惨事便乗型資本主義(ショックドクトリン)が話題になっています

清澤のコメント:神尾TVでは惨事便乗型資本主義(ショックドクトリン)を話題にしています。メディアによる洗脳で、自分が正論と思えば他人を躊躇なく批判することができるようになってしまう。まずはこの動画から。

ーー概要ーーー

神王TVチャンネル登録者数 17.4万人

マスコミの「嘘」と、あの人達の「最終目的=世界政府」が見えてきた!? 日本では報道されない、過去最高にヤバい話をします

ニューヨークは、本当に医療崩壊しているのか? 大手メディアは報じない「別の映像」が次々と出てきました コロナウイルス関連で、「あのバズった動画」の不可解な点とは? ニューヨークの動画がバズッたのはなぜ?大手メディアがすべてその動画に走った。ユーチューブ視聴が自然に増えたのではなくて、誰かが煽ったのではないか?という評価をこの動画はしている。

市民レポーターの逆襲。医療崩壊というが、アメリカでもイギリスでも検査を受ける人の列はなくて誰もいない。死亡した子供の写真は別な国なのに同じものを使用。メディアがどこを映すかでイメージは作られる。これをショック・ドクトリン(惨事便乗型資本主義:脚注あり)と言います。不安で思考停止になると、人は管理されたがる性質がある。自分が正しいと思うと、人を躊躇なく攻撃できる。洗脳したい意図が見える。ロックダウンしてない国の報道はなされない。

今、イギリス首相が世界政府を提案:という気味の悪いニュースが出ている(下に引用)。 お金の刷り過ぎで、全世界の財政バランスが壊れているから、全世界がハイパーインフレ化するはず。 今回のコロナウイルス事件だけでは世界政府はできないが、その先で中央集権的な社会となる可能性がある。それはIMFに支配されるだろう。 新支配者は女性のFさん??。

⇒元英首相が「世界政府」を提案 新型コロナ、医療・経済危機に対応

2020年03月27日06時04分

英国のブラウン元首相=2010年4月、ロンドン(EPA時事)
英国のブラウン元首相=2010年4月、ロンドン(EPA時事)

 【ロンドン時事】英国のブラウン元首相は世界の主要国の指導者に対し、一時的に「世界政府」を設立するよう呼び掛けた。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、医療・経済両面での危機に対応するためだという。英紙ガーディアンが26日に報じた。

 報道によると、ブラウン氏は「これは一つの国で対応できる問題ではない。協調した世界的な対応が必要だ」と指摘。まずは医療で緊急対応が必要だとしながらも「医療に介入すればするほど、経済を危機にさらすことになる」と述べた。
 その上で、強い権限を持つ世界的な「タスクフォース(特別作業班)」をつくり、ワクチンの共同開発のほか、中央銀行による金融緩和や政府による財政出動での協調、新興国からの資本流出の阻止などに取り組むよう求めた。


革命家HIROのひろスタ【有能な生き方研究所】
革命家HIROのひろスタ【有能な生き方研究所】

 メディアの信者にならないで、いろんな情報を見ながら、自分の頭で判断しようと。

市民レポーターたちの逆襲 (NY / LA) https://youtu.be/HDADonD2bAU

⚠️ほんまに聞いてほしい⚠️マジでコロナを舐めたらアカン https://youtu.be/kRr_j2dq4lE

注:上の動画は一時削除され、その後再び復活という事故があったそうです。

https://www.smfc-feature.com/yayoi-movie/

NY日本人医師語る③ 日本へのメッセージ https://youtu.be/3zUKVcYtODk

◎ 惨事便乗型資本主義 とは:

クラインは、2007年に The Shock Doctrine: the Rise of Disaster Capitalismを出版。同書は三十数か国語に翻訳され、日本語版は2011年9月に刊行された。

彼女は、ケインズ主義に反対して「真の変革は、危機状況によってのみ可能となる」と述べるなど徹底した市場原理主義を主張したシカゴ学派 (経済学) のミルトン・フリードマンを批判、こうした主張を「ショック・ドクトリン」と呼び、現代の最も危険な思想とみなしている。そして、近年の悪名高い人権侵害は、反民主主義的な体制による残虐行為と見るばかりでなく、民衆を震え上がらせて抵抗力を奪うために綿密に計画され、急進的な市場主義改革を強行するために利用されてきた側面に注目すべきと説く。

インドで、ロックダウン(都市封鎖)の条件に違反した罰として、スクワットをさせられる市民。モディ政権は3月25日から全土封鎖の強権を発動した(4月1日撮影)。REUTERS/P. Ravikumar

Categorised in: ご近所の話題