お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年4月1日

11710:日医幹部、首都圏「緊急事態宣言してよい状況」:記事紹介

眼科医清澤のコメント: 現在の法律ではウイルス陽性者は強制的に隔離入院が必要だそうで、 症状のない人までコロナウイルスのPCR検査をしてしまうと病床が全く足りなくなってしまうということのようです。検査数が制限されているのが、日本で罹患数が少なめに出ている理由ではないか?とも言われています。

これに対して安倍総理大臣は参議院決算委員会で、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「緊急事態宣言」について、現時点で出す状況ではないとしたうえで、宣言が出されたとしても、フランスのような都市の封鎖はできないという認識を示したそうです。( 2020年4月1日 14時16分 )

追記:日本医師会が「医療危機的状況宣言」 病床不足を懸念 (短縮抜粋) 2020年4月1日 19時43分

 国内の医療現場が危機的な状況に陥りつつとして、日本医師会(日医)は1日、「医療危機的状況宣言」と題する文書を発表。政府に対して改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言を出すよう改めて求めた。ただ、政府内は経済や国民生活への影響の大きさも踏まえ、慎重論が根強い。(久永隆一)

歌舞伎町などの関係者に感染増加 04月01日 15時57分

東京・新宿区によりますと歌舞伎町など、区内の繁華街の関係者に新型コロナウイルスの感染者が増えているということです。
新宿区内では、先月後半以降、東京都全体の状況と同じ傾向で感染者が増加していて、感染経路が不明な事例についても、同じように増加しているということです。
具体的には、歌舞伎町など、飲食を伴う密着した接客が行われる店舗の従業員や、不特定の人に声をかけるスカウト行為を行う人などに、感染者が増えていて、感染経路の調査が難しくなっているということです。

 知人の田中理恵先生が院長を務める葉山ハートセンターはクルーズ船からの10人のコロナ肺炎患者を受け入れ、全員を無事に退院に導くことができました。NHK総合テレビ今夜10時の番組では、感染症病棟ではない病棟でコロナ肺炎の世話をした経験が報道されるのだそうです。

--記事引用---

 新型コロナ経済 2020/3/30 17:16 

日本医師会の釜萢敏常任理事は30日、拡大が続く新型コロナウイルス感染症について、個人的な意見として「爆発的に患者が増えてから緊急事態宣言を出しても手遅れだ。もう発出してよい状況ではないか」と述べた。対象地域について「現状では東京だけでなく周辺の県も危機的状況が近い」とした。釜萢氏は宣言を提言する政府の諮問委員会のメンバー。

日医が30日に開いた記者会見で見解を示した。緊急事態宣言は感染症の専門家らによる諮問委員会が要件を満たすと提言すれば、安倍晋三首相が宣言する。

釜萢常任理事は会見で「個人的には、もう発出してもらい、それに基づいて対応すべき時期だと思う。しかし宣言によるインパクトは大きいので総合的な判断が必要だろう」と述べた。

新規の感染者数が増えていることなどに加え、東京都内では病院に入院できる余力が限られてきていることが念頭にある。釜萢常任理事は「急激に感染が拡大すると病院に収容しきれなくなる」と危機感を示した。

Categorised in: ご近所の話題