お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年3月29日

11685:楽観バイアス? 正常性バイアス

清澤のコメント:楽観バイアスという言葉があったので調べてみました。災害時の心理として、「眼前に明確な危機が迫っている情報があるのに、多くの人はその時に及んでも楽観的にふるまって逃げ遅れる」というのです。これは、ウィキペディアのいう正常性バイアスのことでしょう。いっぽう、その限界を超すと人々はパニックに陥ってしまうようです。

正常性バイアス:

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

正常性バイアス(せいじょうせいバイアス、 Normalcy bias)とは、認知バイアスの一種。社会心理学、災害心理学などで使用されている心理学用語で、自分にとって都合の悪い情報を無視したり、過小評価したりしてしまう人の特性のこと。

自然災害や火事、事故、事件などといった自分にとって何らかの被害が予想される状況下にあっても、それを正常な日常生活の延長上の出来事として捉えてしまい、都合の悪い情報を無視したり、「自分は大丈夫」「今回は大丈夫」「まだ大丈夫」などと過小評価するなどして、逃げ遅れの原因となる。「正常化の偏見」、「恒常性バイアス」とも言う。

概要

人間の心は、予期せぬ出来事に対して、ある程度「鈍感」にできている。日々の生活の中で生じる予期せぬ変化や新しい事象に、心が過剰に反応して疲弊しないために必要なはたらきで、ある程度の限界までは、正常の範囲として処理する心のメカニズムが備わっていると考えられる。

古い防災の常識では、災害に直面した人々の多くは、たやすくパニックに陥ってしまうものと信じられており、災害に関する情報を群衆にありのまま伝えて避難を急かすようなことは、かえって避難や救助の妨げになると考えられてきた。ところが後世の研究では、実際にパニックが起こるのは希なケースであるとされ、むしろ災害に直面した人々がただちに避難行動を取ろうとしない原因の一つとして、正常性バイアスなどの心の作用が注目されている。

パニック

パニック (panic) とは、個人または集団において突発的な不安や恐怖による混乱した心理状態、またそれに伴う錯乱した行動を指す。恐慌とも言う。パニックの定義としてはスメルサーによる「ヒステリー的信念に基づく集合的な逃走」、ラングによる「極端な利己的状態への集合的な退行」、サトウタツヤによる「突然発生した予期しない恐怖で, 抵抗不可能なものであり,多くの人々が同時にそれに影響される状態で多くの場合逃走や混乱が見られる状態」というものがある。パニックの脅威は、災害そのものよりも災害による群衆のパニックこそが最大の脅威であるという認識が、時にはパニックに対する誤った誇張や過剰な恐怖心を交えつつも、一般的な社会常識として広く共有されるようになる。

Categorised in: ご近所の話題