お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年3月21日

11657:ドクター・キャピタル(Dr. Capital)の動画です

清澤のコメント:偶然に見つけたドクター・キャピタルの楽曲解説。日本のメロディーもこういった耳を持って聞くと、その裏に流れる音階とかというものの特徴が聞き取れるものかと驚きました。通常の7音階でなく北酒場に使われている5音階にもいろいろなものが有るのですね。以下はウィキぺディアからのドクターキャピタルの紹介文です

----

ドクター・キャピタル(Dr. Capital)はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス在住のシンガーソングライター、ギタリスト、音楽教授。

現在まで25枚以上のシングル、アルバムをリリース。ロック、ブラジル音楽をベースに歌謡曲を融合し、‘’Dr. CapitalのJ-POP‘’という新たなスタイルを追求している。
2017年、アンジェラ・アキとの共作を含む Dr. Capital名義での1st EP「You Are Love」をリリース。2018年には全曲日本語詞の2nd EP「School Bus」をリリース。
また、誰もが知る日本の名曲を取り上げながら、コード進行など楽曲の優れたポイントをわかりやすく解説する“J-POPカバー講座”をYouTubeにて配信をスタート。自身のライブでも欠かせない定番のコーナーとなっている。

人物:南カリフォルニア大学のソーントン音楽学校にて音楽博士号を、同大学のバークレー校にて民族音楽学の修士号を取得し、2014年から2018年まで同大学の教壇に立った。現在はポピュラー音楽、商業音楽の助教授として、北テキサス大学に在籍する。
1990年代後半よりヒップホップMC Shing02とコラボレーションし、サポートギタリストとして日本全国ツアーやFUJI ROCK FESTIVAL等にも参加した。
日本文化にも精通し、日本語も堪能(関西弁)。1996年に留学生として初来日。その頃に出会った曲が彼のJ-POPに関する原体験となっており、当時流行していた曲は未だに特別に好きであると語っている。福井県に居住していた時期もあり、FM福井で5年間ラジオパーソナリティを務めながら、北陸を拠点にDJ・エレクトロやヒップホップ系のミュージシャンと数多く共演した。

こちらは、最新の動画で音楽理論でのメロディーについて述べています。基本音階は平行移動できますから、最初に音階の中での地位を述べます。ドは普通、レは少し高揚、ミは安定、ファは不安、ソは普通と解説して、ミが好まれることを話します。この音は錆の部分で強調され、ファミは安心させるし、ミレドも好まれるなどと旋律の好みをもべます。お試しください。

Categorised in: ご近所の話題