お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年3月17日

11633:WHOトップ「検査、検査、検査」連発し隔離徹底要求(20/03/17):今日の潮流

清澤のコメント:株価や各種コモディティーは依然下がり続けています。(正確には: 16日のアメリカのダウ平均株価は2997ドル安の暴落となり、これを受けた東京株式市場では取引開始直後から日経平均株価は急落して一時、下げ幅が600円を超えまた。ただ、その後は日銀による株の買い増しへの期待や割安感などから買い注文が集まり、500円以上の値上がりに転じる場面もあった。結局、日経平均株価は16日より9円高い、1万7011円で取引を終えた。 )

ヨーロッパをはじめとして、世界各地で地域の隔離が進み、感染防止に向けての努力が続けられていますが、WHOは徹底的な検査でコロナウイルスに感染した人を隔離することを求めています。日本で、どの程度の症状や疑いのの人までがPCRによる感染のテストが現在受けられるのかは疑問であり、今後も疑問です。

夕刻の診療終了後に今月に入ってからの当医院の各日ごとの患者さんの数を数えてみました。2月に比べると、約20%の減少で、ことに新患の患者さんが減っていました。保険診療は支払いが2-3か月遅れて支払基金から払い込まれますので、本格的なキャッシュのショートはその先になります。ホテルなどキャンセルが即時に売り上げ欠損になる業界では我々医療業界よりも更に厳しい現実に直面していることが予想されます。

先に決定された日本眼科学会の中止(ネット開催)で、機械業界も併設の機械展示がなくなってしまったので、毎年春に与えられていた商談の機会を喪失して、何とかきっかけを欲しいともがいているようです。

個人営業者のほか、失職の危険性を孕んだ患者さんなど、明日からの収入に対する不安が精神的に疾病の根本原因となっていることが疑われるような患者さんがこのところ増えています。そのような患者さんでは、患者さん自身が精神的に不安定だからか?紹介してくださる医師の方々も「この患者さんを紹介したら、紹介先に迷惑をかけるのではないか?」と考えている節が感じられる様な紹介状が少なからず見られます。

ーーーニュース動画の内容ーーー

WHO(世界保健機関)は各国が打ち出している新型コロナウイルスの感染防止策について、検査の徹底が「まだ十分でない」と指摘しました。  

WHO・テドロス事務局長:「すべての国に訴えたい。検査、検査、検査だ。疑わしい例すべてに対してだ」  WHOのテドロス事務局長は会見で、検査で感染者を特定して隔離措置を徹底するよう改めて強く求めました。各国で集会の禁止や学校の休校など、ヒトとヒトとの接触を減らす対策が広がっていることを評価する一方、徹底した検査と隔離については「緊急的で十分な措置が進んでいない」と指摘しました。また、「目隠しされたままでは火事と戦うことはできない」と述べ、検査で感染者を特定し、感染経路を把握しないことにはパンデミックを防ぐことはできないと強調しました。

[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

Categorised in: ご近所の話題