お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年2月25日

11549:新型ウイルス患者が中国外で急増:記事紹介です

202002250943

新型ウイルス患者が中国外で急増、感染拡大巡る懸念で世界株安

清澤のコメント:わたくしの身の回りでも具体的にコロナウイルス?のうわさを聞くことが増えております。個人及び診療所レベルで、それぞれの対応が必要な模様です。現況を短くまとめた記事がロイターで出ていますので抄出します。コロナウイルス感染かもしれないという場合の対応も記事末尾にまとめました。ご参考になさってください。

―――――

Reuters Staff 2020年2月25日 / 06:55 :抄出

[北京/ソウル 24日 ロイター] – 中国本土外にも感染が広がる新型コロナウイルスは24日、イタリアや韓国、イランなど複数の国で感染者が急増した。世界的な感染拡大を巡る懸念から、世界の株式市場は軒並み急落した。しかし、世界保健機関(WHO)は「パンデミック(世界的な大流行)」と宣言するのは時期尚早との認識を示した。

イタリア保健当局は、新型ウイルス感染で新たに4人が死亡したと発表。同国での死者はこれで7人になった。死亡した患者はいずれも高齢もしくは重い病気を患っていたという。また、国内の感染者数も220人を超えた。コンテ首相は、新型ウイルス流行による「経済への影響が極めて大きく」となる可能性があると指摘。

中東地域ではイランを中心に感染が広がっている。イランはこれまでに61人の感染を確認。感染による死者は12人。クウェート、バーレーン、オマーン、イラク、アフガニスタンではこの日、初の感染が確認された。いずれもイランへの渡航歴がある。

韓国の保健当局は、新たに231人の感染を確認したと発表。これにより、韓国国内の感染者は累計833人に達した。感染は第4の都市・大邱の教会信者らの間で広がっている。

米疾病対策センター(CDC)によると、米国内の新型ウイルス感染確認数は14人。これとは別に、中国・武漢市から帰国した人やクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の退避者で感染が確認されたのは39人に上る。

中国本土以外で患者が急増する中、金融市場では安全資産への逃避買いが膨らみ、世界株安となった。米株式市場は主要株価3指数がそろって3%を超える下げを記録。ダウ平均は一時約1000ドル下げる場面もあった。欧州株式市場は2016年半ば以来の大幅安となった。原油相場も約5%下落。一方、安全資産とされる金は7年ぶり高値を更新した。

また、米金利先物が急上昇し、昨秋以来の高水準を付けた。米連邦準備理事会(FRB)が新型ウイルス流行による経済への影響を和らげるために利下げに動くとの観測が高まっていることを反映した。

WHOのテドロス事務局長は「パンデミックという言葉は事実にそぐわない」とし、「パンデミックの可能性に備えながら、パンデミック阻止に注力すべきだ」と語った。イタリアやイラン、韓国での感染例急増については「深刻な懸念」と表明。同時に、世界的に制御不可能な状態に陥ってはおらず、多くの死者も出てないと指摘した。

中国ではこれまでに本土で確認された感染者は累計7万7150人、死者は2592人。

これまでに3000人超の医療従事者が新型ウイルスに感染。大半が新型ウイルスの発生源とされる湖北省で働くスタッフだという。

Categorised in: ご近所の話題