お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年2月9日

11495:2020年はグローバル化で格差が産まれる!?ニュースピックスから

清澤のコメント:ホリエモンは嫌いという人も多いが確かに言っていることは正鵠を射ていると思います。今年になって発表されたニュースピックス2演題拾ってみました。まずは5GのSNSの重要性。そして、子供からスマホを取り上げるのは間違いだそうです。

ーーーーー

2020年はグローバル化で格差が産まれる!?ホリエモンが不動産をおすすめする国は?【NewsPicksコラボ】2月3日

インバウンドの勢いが止まらない。ホリエモンは不動産投資を勧めるという。インバウンドは国という「面」ではなく「点」で進む。バンコクが世界の中ではアンダーバリュー(低く評価されている)だ。日本との時差からも帰国後を考えれば、行きやすい。ファッションのシーンも素晴らしい。このほかにも特定の場所に人は集まっている。それを起こしたのはSNSだ。ロケットの打ち上げ→大樹町。スキー場なら→ニセコといった具合。店は存在場所ではなくて、局所的な需要をネット上から取り込めるかどうかにかかっている。今後の彼は、料理動画なども狙いたいという。

日本の勝ち目は宇宙産業?予防医学も重要?ホリエモンと茂木健一郎が2020年を予測【NewsPicksコラボ 

 投資すべきはまず宇宙産業。産業の全体的な実力が必要で、日本には有利。自動車産業もEVで部品数が減るから、産業構造が変わり、企業再編をすすめている。次に自動運転が出て、車の数が減ってシェアが行われるようになる。自動車産業は生まれ変わりが必要。技術、投資余地、打ち上げる海面ともに日本は勝っている。中国でも日本ほどには恵まれていない。東南アジアでは特殊鋼を作る技術がないからロケットは作れないはずだ。やり方があるとすれば、社会保障費を減らすなどで、成長戦略を考えねばならない。予防医学はその答えになるかもしれない。運動をしてない人が圧倒的に多い。40-50台の生命力は運動しているかどうかで大きく違う。運動をしないで年を取ると、体を支えられなくなる。

茂木は、テレビではホリエモンの畳みかける話し方が通用せず、テレビには向かないという。ユーチューブではこの密度で半分の人に通じるように話せてよい。堀江は教育という言葉が嫌い。能力上位の人は自分で学習しているはず。むしろ親は(スマホをやめろなどと)子供の邪魔するなと言いたいという。

Categorised in: ご近所の話題