お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2019年6月17日

10830:春夏冬二升五合とは(商い益々繁盛)

201906161731

近所の工務店のおじいさんは、ちょっとひねった蘊蓄を作業場前の遊歩道に掲げます。そこには陶器の小さな五輪塔がしつらえてあって、六地蔵がその前に並べられています。ちょっとしたパワースポットです。

新しい板にかかれた文言は、

春夏冬、2升5合:いったい何でしょう?

『昔からの居酒屋などで額縁に飾ってある「春夏冬二升五合」という商売繁盛を祈願する言葉。春夏冬で「秋がない」から『商い』、二升は「升(ます)が2つ」で『益々』、五合は「一升の半分で半升(はんじょう)」なので『繁盛』ということになり「商い益々繁盛」という意味になります。

今回はそれほど高尚なお言葉ではなかったようでした。

前回の心こそ、、は沢庵禅師のお言葉でした:

9371:【心こそ心迷わす心なれ 心に心 心許すな】名言です

Categorised in: ご近所の話題